最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

後半の死に具合はショートスプリンターのよう。

酸欠だか日射病だかでエライ頭痛いのでサラッと行きます。

今日は市の記録会がありました。


100mがあるのに200mがなくて、一般女子800mがあるのに一般男子800mがないっという謎な記録会でして
そんな記録会にクロは100m,400mに出場。(というかハードルを含めて短距離はこれしかない。)

先に400。


前半からかっ飛ばしていってみよーかなーとか思っていると先生から呼び出し。
最終コールに遅れちまうよっ!!とか思ってると先生も「前半から行ってこい!」とおっしゃいました。

実は400、外側も内側も中学の後輩(今は他学校の一年生)でしてなかなか和やかでした。
後輩といっても彼らは「中2から入った私」を先輩とは呼べず、つまりは後輩という言い方もおかしかったりしますが。。。

まぁそんな感じで中学時代を懐かしみながらのスタートです。

自分でも「前半からッ!」先生も「前半からッ!」という訳でやりすぎましたね。
小股の加速状態から切り替えが効かず200m通過が約24秒、予想通り後半ぶっつぶれまして
必死に四肢をばたつかせたものの350m辺りで後輩の一人に追い抜かされてしまいました。

もう、この力入らなくて一生懸命動かしてるつもりなのに動かなくて、後ろから来てあー抜かれるー!!
みたいのがとても嫌だ。

タイムはもちろんベスト更新ならず。52秒で踏みとどまりましたが、ベストより0.4秒程遅かったです。

前半使い切るこの走り、練習に置いてはとてもよいのではないかと思うのですが、
大会になると消耗が激しいので使いたくはないです。

800と比べると程よい疲労が全身を襲い、ねむーくなってきますが
その4時間後に100mがありました。


ただ問題はおそらくは酸欠でこの時から頭痛が始まったのです。



100mは400の疲れが抜けきらなかったのか100らしくない走りで12秒0△。
とにかく私は100は向いてないのですよという事を再認識。


そしてこの記事を書いてる今も頭痛が止まず。
新人戦の時にはペース配分を考えて体にやさしい走りをしたいと思います。


頭痛が限界突破な感じなので風呂入って寝ます。
という事でコメント返信は次回に・・・



スポンサーサイト

大会記録 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スポーツで歳に気づく。 | HOME | プェ~。←???>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。