最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

またですか。

今日の市民大会で優勝しました。


いやなんかスラッといってしまいましたね(汗
小規模な大会だったので実験的試みを行ったレースでした。

実験的試み。
それは「逃げ切る」。
500m~600m地点からラストスパートで先頭にでる戦法を翻し
最初から先頭にでる戦法をやってみたのです。

とはいってもしょっぱな先頭を取られ、300m地点から先頭でしたが。。。


で走ってみて先頭は辛いと実感しました。
後ろの足音怖いです。
550m地点で後ろに抜かされそうになったときは焦りましたね。
後ろを警戒するあまりにスパートをかけられませんし。

逃げ切り戦法でやってみて、いままで自分の戦法に大きな不安を感じました。
先頭がもし(プレッシャー等を感じず風を受けず)自分のペースで走れた場合
後ろから追い上げるのは非常に厳しいのではないかと思ったのです。
今日私自身がやったように直線さえ粘ればカーブは勝ちです。(抜かす人は外側を回るため遠くなる)
つまり直線100m約15秒の間にぬかせるか否か。それだけでなく抜かし切り1レーンに入らなくてはならないのです。

それを、毎回できるのでしょうか。


とりあえず今日は三連勝&初メダルを喜びつつ明日の一日練に備えるとします。

スポンサーサイト

大会記録 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ピカッと光るのは誰の頭? | HOME | ぶっとびばっとびばびっとび。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。