最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アニメ「時をかける少女」の主人公は是非陸上をやったらどうかと思った。

※タイトルと無関係です。


あー頭が痛い。酸欠だぁ、、、

4×100mリレー、100m、800m、4×400mリレーに参加。


もちろん酸欠の原因は800mで。


そんな800m。




クロ君2レーンという絶好のポイントでスタート。
速めの加速でオープンコースになって外側から入り込んでくる集団をかわし、
強豪校の一人を前にして二番手。


ペースが遅かったのか後ろからクラブメイトが追い上げ先頭に。
200m通過、さらに後ろから追い上げてくる。
「短距離」な体格のせいもあるのか、狭まった空間に入ることを躊躇して前に滑り込まれる離される。
「やばい!」
でもどうもできなかった。何をしろというのだろう、
前にも右にも人がいて身動きができない。

400通過!
通過タイム61、トップとの差は5m!!
ジワリジワリと離れていくのを感じた、すぐ後ろに足音が近づいてきているのを感じた。

450m、待つのは限界だと思った、勝負を賭けるのは今しかない。
誰かが抜かしにかかってるのはわかっていたけれど、ここは強引に外に出る。

500mでスパート開始残り300m。
ごぼう抜きで先頭へ残り250m。
カーブへ入って残り200、疲れた。直線入って残り100m、動かない。

誰かが追ってくる、誰かが並ぶ、誰かが抜いた。
チラッと見た先には同じユニフォーム。クラブメイトだった。


もう限界点だった。これ以上動かない、苦しい、勝てない。
でも、でもなんだろう。「負けたくない!」と思った。
「このやろっ!」って思った瞬間ピッチが上がった。
クラブメイトに食いつく。そして・・・並んだ。後40m。








結果、要するにラストスパートからさらにスパートした事で自分の限界を超過してしまった事が原因でしょうね。
この頭痛。ずぅぅぅっっっと治りませんです。

実はこの大会、速い人順に組をくんでいたので1組目が基本的に1番速いのでした。
ようするに1組目の1着がほぼ優勝決定なのですね。(タイムレース決勝なのです。)
そしてクロは5組中の1組目。

デッドヒートの結果1着でゴールした私はその後、優勝が決まりました。
タイムは2分01秒0△。
無事目標を達成しました。応援ありがとうございました!



さて、この前の記事での例の先輩ですが。
高校に入ってから走ってなかったのか「記録なし」で登録したのでしょうか・・・?
最終組(ようするに一番遅い組)に回されてしまいました。
もちろんそんな中ではいいタイムが出るわけもなく2分09秒。ほんとうに残念でしたorz
一緒に走ってたら勝てなかっただろうなぁ・・・


体調が悪いので返信は次回に回させてもらいますm(_ _)m

あ、100mはほぼ3年ぶりでようやく11秒台に入ることができました。
めでたしめでたし。




スポンサーサイト

大会記録 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<デート。 | HOME | ネタが古いって。>>

この記事のコメント

大会お疲れ様でした><
一位、本当におめでとうございます!
クロさんの自分自身にストイックな
姿勢が結果として表れたんだろうなー。
私も見習って八月の大会では
9㍍後半出します出して見せます(∀)!
2007-07-22 Sun 14:31 | URL | べーこん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。