最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

こんなの見つけた。

http://www.npa.go.jp/archive/keibi/biki/mimoto/mimotoichiran_m.pdf

震災で犠牲になった人の名簿。(宮城県)
pdfなので一部携帯では見れないかもしれないですが、PCを使ってでも見て欲しいです。


117ページにも及ぶ犠牲者の表です。
約4700人。

名前の羅列にしか見えないけれど、
隣に書かれた数字分だけの人生が4700人にあったのだと思うと、
改めて失われた物の重大さを考えます。


101年という長い人生、蓄積された記憶はどれほどの物だっただろうか、

8年という短い人生、これからの未来はどのような物だっただろうか。
スポンサーサイト

日頃 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<ばかだろー。 | HOME | 生存報告です。>>

この記事のコメント

私は以前起きた天災の被災地に手伝いのために一ヶ月滞在した事があって、犠牲者9名のうちの4名の親族または友人知人とお話をする機会があった。
あれからどの災害を見ても他所事とは思えなくてね。
今回は規模がかなり大きい災害で、命は助かっても全てを無くしてる人が多いから心身の負担は相当なものだと思う。
亡くなった方はさぞ無念だったでしょう。

直接的な被災をしなかった私達も、自分たちの身に何か起きた時に被害をできるだけ小さく抑えるための努力というか、そういった心がけを改めて考えてみる必要があるだろうね。今後何が起きるかはわからないもの。
安全や平和であるに越した事は無いけれど、それに慣れきってしまい備えがおろそかになるのは避けなければならない。
それらが必要なのは私達一般人以上に行政側だけれどね。
2011-04-02 Sat 00:07 | URL | あきつしま #RDUJksVU[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。