最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

見て学ぶ


手違いで部活飯7000円の損失を出したマネージャーのクろです。自腹負担ですorz




選手として、今のモチベーションには過去が重要という事らしいので


"過去"を思い出すべく高校の総体を見に行ってみた。

停滞気味のモチベーションに何か良い効用があるかもしれない。





偶然会わなかったのか全く来てなかったのか同級生には会わなかったけれど、

知った後輩に会うことはできた。



それで想うのは、

短距離3年は5月でほとんどが引退で、

そうすると高校短距離に知り合いがいなくなって

また一つ、居場所が無くなるのだなという孤独感。

OBというのはその組織に知っている人がいる間の話であって、

誰もいなくなった時はOBからただの他人に成ると想う。

顧問の先生もいなくなって、直接の後輩もいなくなって

晴れて他人になります。



後輩に会えたといっても、向こうは「あー、こんな人いたっけなー」くらいな感じで挨拶してくれて、
こっちもこっちで「あー、こんな人いたな、名前なんだっけ」みたいな感じで挨拶を返してて、

記憶がいかに薄れているかを思い知らされた。

まだ顔を覚えていたけれど、来年には顔もわからないと想う。

まぁそれはきっとお互い様。




なんだろーなー、この感情。生まれ故郷に帰った感じに似てる。

懐かしいしまたこの空間に戻れて嬉しいけれど、

同時に"戻れた"という表現に悲しさを感じる。


ゲームでいうとゼル伝時オカで7年後のコキリの森に帰った感じ。

なぜか落ち込んで、しょっちゅう子供時代に帰ってたのは懐かしい思い出(w




で。"今のモチベーションに過去が大切"それを信じて来たけれど、

・・・・・・・・・・・・うん。

スポンサーサイト

日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<no title | HOME | おつかい できた>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。