最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

極寒と呼ぶに相応しい日

死ぬかと思った。



東京マラソン兼なんたらかんたら選考会?がありましてその給水のお手伝いにいってきました。
正確には行かされたのだけどあえてこう、アクティブな、ね。乗り気だったからいいのさ。


陸上部のくせにこういった事にはサラサラ興味ない人なのでまさかこんな規模だとはびっくり。

走る人はもちろんそれを支える人達の人数の多さ。まさに一大行事です。

これだけの人が、同時に、競技レベルだとかを無意味に「走る事自体」を楽しんでいるのだと思うとなんだか不思議な気分がしました。




それはさておき

雨でした。時に大雨でした。

私たちは、隠れる所ないにも関わらず傘をさせません。カッパも着ません。(下に着こめばよかったが寒さを過小評価していたのだよちきしょう。)


こんのクソ寒い中雨に打たれ配布されたウェアはグッショリ。そこを浸水した私服もぐっしょり。帽子?ああ、このただの重りの事か。


カバンもしょえず、安全な場所も確保が期待できない(実際、残念ながら傘など私物を観客に盗難された人が出ました。)という事で着替えは靴下だけ。あとタオル。





「今日さむいねぇ」

「うん、冬って感じだねぇ」







「・・・さむい」

「・・・うん」






「カタカタカタ」

「ガクブルガクブル」




帰りたい あったかお風呂 いれといて



寒くて寒くてもう雨とか感じなくなって。

みんなで凍えながら顔面蒼白になりつつ



車道に飛び出す観客を抑えてました。





こうも環境がわるいと人間だんだん不機嫌になってくるものです。

自分も自分で「寒い寒い」といいながらジリジリ前にでつつ傘でつつく観客にちきしょうとか正直想いました。





パリパリになった手で片付けをして解散。

着替えようにも持ってきた靴下はグッショリ。雨拭くハズのタオルは濡れ雑巾。



もはやどうする事も出来ずガタガタ震えながらやっとのおもいで駅に到達するも・・・




『チリ地震による津波警戒のため運休』





(´;ヘ;`)


お金のためにやってる訳じゃない。

でもこの状況に加え、支給額から交通費と500円程度の食費を差し引いたらマイナスになるのはつらいものが・・・

スポンサーサイト

日頃 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<こどものおもうせかい | HOME | スノボの五輪代表選手の服装問題が騒がれていますが。>>

この記事のコメント

お~東京マラソンのお手伝いですか。お疲れ様でした。
大変だったみたいね (;´Д`)
風邪をひかないようにしてください。
2010-03-01 Mon 00:19 | URL | あきつしま #RDUJksVU[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。