最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

IL-2 1946 Windows 7 Professional

強力かつ初歩的な解決法を見つける事ができました。


メモ書き的な記事です。
Windows 7 Professional で IL-2 1946 のMod(HFSX等) を導入したいと思ってる方に参考になると思われる記事です。
(Windows7にIL-2 1946 がそもそもインストールできないという場合は、DVD内の「a.setup」を実行すれば大丈夫です。)




IL-2 1946を購入し、HFSXというModを当てたところ、どうにも動かないのです。
デフォルトでは動くがModを入れると動かない。
NHKというゲーム団体の司令さんにいろいろと助けてもらい、聞き込みもやってもらっても解決せず。

なんてこったい、Windows 7 Professionalには対応していないのか?!


HSFXで拡張される機能や世界に胸ときめかせていただけにショックは大きかったです。
XPモードに期待せず素直にHome Editionを買っておけばよかったと。
(ちなみにXPモードはグラボを認識しないのでゲームにはほっとんど使えません・・・。)


状態としては、ロードが完了しメニュー画面が表示されて4秒~5秒でゲームごと落ちるという状態です。
ちなみにロード画面もメニュー画面もMod導入した時の期待される画面ではなく、デフォのまま。
違いは英語がなぜかアラビア語になっているという事のみでした。




で解決のルートです。

おそらく事の原因は、Windows 7 Professional さんの余計なお世話機能であると推測してます。

C:\Program Files\Ubisoft\IL-2 Sturmovik 1946
がデフォでインストールされている場所ですが、実はもう一つ「IL-2 Sturmovik 1946」フォルダが作成される場所があります。
C:\Users\「ユーザー名」\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\Ubisoft\IL-2 Sturmovik 1946
インストール段階では存在しませんが、ユーザー設定や、パッチ等を当ててゲームファイルの改変を行うと生み出されるようです。

これが何かの悪さをしているのではないかと予想しています。参照のエラーとか。どうだろう。


この解決のためには、
一度IL-2 1946 をアンインストールをし、
C:\Program Files\Ubisoft\IL-2 Sturmovik 1946
C:\Users\「ユーザー名」\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\Ubisoft\IL-2 Sturmovik 1946
両フォルダを消去します。

そしてインストール時に、右クリック→プロパティ→「互換性」タブの「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェック→WindowsXP (Service Pack 3)を選択→適応→OK

そして実行時も右クリックで「管理者として実行」でインストールをしてください。
念のため、プロパティでも互換性タブの「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックをし、「すべてのユーザー設定を変更する」で同様の設定にするのもアリだと思います。

また、もし互換性タブでの「互換モードでこのプログラムを実行する」がチェック不可でしたら、
「すべてのユーザー設定を変更する」をクリックしそこの選択肢からチェックをして変更してください。

IL-2 1946 本体 、 パッチ 、 MOD 、 すべてをこの手順でインストールしたら私の場合正常な実行を達成できました。


以上メモ書き終わりです。ちなみにMODを入れなければ通常のインストールで問題ないです。



スポンサーサイト

日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<-4のアルバイターによる宣伝。 | HOME | It's a trap !!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。