最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ボクシング

昨日のことになりますが、

この19年とちょっとの人生で初めて、まともにボクシングというスポーツの試合をTV越しながら観戦しました。

内藤選手vs亀田選手


亀田選手の弟さん(でしたっけ?)の試合を思い出してどうなることやらと思って見てましたが

案外、大人というか、クリーンな試合でしたネ。



恥ずかしい事に、こんな性格ですから正直なところ亀田選手がフルボッコされるのを期待してたところがあったんです。
自分の中での正義をなりたたせたいがために、私は私が目指すべきフェアな精神を大きく逸脱してしまいました。


選手にマナーや品格を求めるのならば、私たち観戦者にもそれは求められるべきです。
ファンやまたは純粋な気持ちで特定の選手を応援するのではなく、

「自分の」理念に反する気に入らない選手がやられるのを見たいがために対戦相手の選手を応援する。

それはマナーある、もしくは品格ある、または正々堂々とした、スポーツマンシップになんたらかんたらな態度でしょうか。

クリーンな試合を求めておきながらその期待をする人の心は果たしてクリーンだと言えるのでしょうか。
汚い事を考えてる人が綺麗な事を望むだなんて、考えるまでもなく可笑しな話です。



人間としてだとか大袈裟な事は言いませんが、

少なくとも体育関係の身である以上はここんトコはしっかりとした精神を持たなければと思ってました。

・・・が ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…




私はボクシングのことはほとんど知りませんが、

"ケンカ"じゃなく"スポーツ"であることくらいは知っています。

そこには競技性や戦略が出てくるのは必然的なことでありまたそうあるべきです。


隠れた反則紛いの事があったと批判されている方もいますが、

私としては、私が挑戦を続けている陸上競技を含め、様々なスポーツでそういったことは

なんというか、"よくある事"です。

全体を見ず、その一点だけの事柄を挙げて批評するのはフェアな精神から逸脱する物でありますし、

また競技者としてそのようなことはしてほしくないと心底思います。


そういった行為が嫌いならば、そういった行為をさせない制度作りが必要なのであって

見せしめの様に誰かを集中砲火するのはアンフェアな精神を助長するだけです。




最初はいつ内藤選手が倒してくれるかと思い、また被弾するたびに悔しく思っていましたが

次第にボクシングというスポーツそのものの魅力に惹かれていきました。

私としてはいい試合を見させてもらったなと思います。両選手とも、本当にお疲れ様でした。




よくわからないけれど、ボクシングというスポーツのプロモーション活動は大成功ダネ。笑


スポンサーサイト

日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<主として食べると書いて、kuroの主食は | HOME | タミフルはいってる>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。