最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ロクダイという大会

一人、二人、三人



四人。




100~250mの間にごぼう抜きならぬごぼう抜かれ。




300から粘ろうとした瞬間に身体から「オーバースピード」の警告がでました。

離れる距離。




400m通過が57~58秒くらい。いいかんじ。


トップでしたら53くらいじゃないですかね、ふっ




パット見前にいる人達を数えてみたならば6人。

俺、7番目。



この組1人棄権。よって走者は7人。


つまりビリ。



これはまずいだろという心理が素晴らしく働いて
バックストレートでジワーリ追い付きサワッと追い抜く。


現在6位


カーブを曲がってラスト120m。15m程前に2名。






人の800mレースを見て、『なんでもうひとこえ行けないんだ。』とよく思ったもんです。
なんで最後あがらないの。後50mじゃん。って






なるほどこういうことかと。



身体のどこにもチカラの源を見つける事ができなくて、
重力の働く方向がなんだか微妙に後ろへズレてきて、


スピードが落ちるとは言わずとも上がらない。




なんともまぁ、面白くないレース。
評価できる所が見当たりません、ないのですから。




ねーねー、君、『離されないように積極的に行く』といってなかったっけ。

離されたのは臨機応変な判断?それとも突発的妥協?


一人抜いた時に戦術的レベルの間に合わせスピードアップをしたのはなぜ?
なぜ戦略的なスピードアップをしなかった?




このような大きな大会ではその1週間以上前から調整という軽めの要点を抑えた練習に変わるのですが、
さて。この内容にそれだけの価値があったのでしょうか。


1週間、自己を強化する時間を犠牲にしただけの価値が
このレース内容にあったのでしょうか。




レース後、頭は痛かったです。足も痛かったです。

でもこんなもんだっただろうか。1分55で走ってたあの頃のダメージはこんなもんじゃなかった。


肉体能力が戻ってないのですら嘆かわしいのに、

どうやら精神力も著しい低下を起こしているようです。


追い込めないのはなぜか。


自信がないから?


それともダメージを畏れて?




どちらにせよ、負けました。

天候も「仲間」のレベルもその位置関係もわりかし良かった。言い訳のしようがありません。







タイムは1分59秒0□。

59秒台は競技人生初です。



2分台の壁を破った時は1分58で、その次57、次に56、55と来たので59は飛ばしていたのです。



ちなみに1分台に入りようやく入部ボーダーを切った訳ですが

なんというかイマサラな感じですね。遅すぎ。時期としてもタイムとしても。







『58、59とかはわりと出ちゃうもの。だが55はレベルが全然違うよ。』

と、高校時代その長距離顧問の先生が褒めてくださった事があります。


だから大学生の自分にとってこの程度の記録は直ちにださなくてはならなかった記録です。
ベストがベストなのだからなおさら。



こんな記録で満足しようものなら成長止まります。
こんな記録を評価するのはただの甘ったれです。




内容といい記録といい、

『オマエナニシニキタノ』

と言わんばかりのものですが、




唯一、全天候型トラックでの試合の度にシーズンベストを更新している事は評価してもいいかなと少し思います。




おわり。







競技会場が青タータンで感動した。ハジメテ。

そしてなによりもプリンを食べたい。
スポンサーサイト

日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<積み重ねの威力 | HOME | 剣道終了のお知らせ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。