最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

こうえん

今日は投擲補助員。150回くらい鉄の塊を運んですっごい疲れたけれど、目の前ほんとに目の前で大会記録の誕生を見ました。足元ちょい向こうに落下した鉄球の飛行距離が何年も遺るのです。鳥肌ものです。

800の先輩は2位。56-56っていう高レベルイーブンペースに感動した。
手が届きそうな所をスパートかけた先輩が走り去っていきました。
まじかっこいいです。やばいです。



そして、今僕は競技場横にある大きな公園のベンチにいます。帰り際に食事と休憩を兼ねて。


ちっちゃい子連れた親子連れが多くて、プラスチックのバットを使った野球っぽいのとかサッカーぽいのを楽しんだり、巨大シャトルのバドミントンぽいのをしたりギター弾いてたり木を描いたり散歩をしたりペット連れたりしていて。なんか凄く雰囲気がいいです。
スポーツの原点がなんの変哲もないただの公園に集結している事を想うと不思議な気分になります。



そしてこういうのを見ると、

『なに自分意地になって走ってるんだろう』

と思います。


何年も前にその問題の回答は自分なりにでていて
悩む事なくすぐ気持ちの決着はつくのですが、

それでも想い返します。



さて帰るー。


目の定期検診予約しなきゃなー…




-------
sent from WILLCOM 03
スポンサーサイト

日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<雷大好き | HOME | 支える側に立つということ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。