最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2分の壁

引退し、受験勉強をし、また走り始めて。

今日は復帰初戦でした。



800mに出場。

大学主催の短距離記録会です。




やはり狙うのは1分台。2分00秒00が入部ボーダーです。























2分00秒01






それが今日、僕が800mを走るのにかかった時間です。



先頭の400m通過は54秒。

自分の400m通過は57or58秒。


昨年自分が出場した県決勝とほぼ同じ展開です。



昨年県決勝、自分は1分56秒21で走り

今日の自分は2分00秒01で走りました。



あれだけ励ましをもらい、練習をさせていただき、

そしてレースを引っ張ってもらい。


なぜここまで遅くなる。なぜ2周目に63秒近くかかる。




肉体能力が戻ってないのはある。

調整期間をほとんどとっていないのもある。



しかしながら、確かに明確な根拠がある訳ではないけれど、

<気持ち>の問題が大きかったのかと思う。精神論は支持しないけど。



『おまえのレースにやる気を感じられない』

そう言われた。



言い返せないのが1番辛い。




昨年の県予選・決勝・関東予選。その時のやる気、気持ち、熱意。

どこへいったんでしょう。



スパートが2秒も続かなかった。

手の届く所まで追いついたのにスパートを持続できなかった。



たかが記録会。追いつけなくても別にいいや。

無意識にでもそうどこかで思っていたであろう自分が悔しいです。



レースを笑われる事よりも、笑われる走りしか出来なかった自分がウザイです。




悔しい。




-------
sent from WILLCOM 03
スポンサーサイト

日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Power | HOME | 練習の話。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。