最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

タビダチノヒ

今日は高校の先生のお通夜でした。


会場前には雨にもかかわらず長蛇の列。
先生の人気具合を表しているような気がします。もし校ty(以下自粛)


ほぼ万人に好かれるような先生で、まだ死ぬには早すぎる歳でした。…といいつつ何歳かしりませんが。

ただ、

人間、いつどう死ぬかわからないもんですね。
友達が車と相撲を取って惨敗した時も、まさかと思いました。
それをまた感じた今日です。

今日最後に話した友達が、来週には異世界の人になっているかもしれない。
『ねーよw』とは誰も否定できないです。

そんなこと考えればわかることだけど感覚で得るのはまたちがう。
先生の写真を直視してしまった時、この感覚がなんというか迫ってくる思いがしました。


現実味を帯びたというか。
死にそうじゃなかったですよ。他に死にそうな先生はいます。
失礼ながら死にそうな先生がもし今日の主役ならどこかで納得した自分がいたこととおもいます。
でも違う。


この世での最終日も先生は元気でいらしたのだそうです。
でも何か異変を感じ、病院を訪れ…

その検査中に。


病院にいたのに助からないものなのか。


いつあるかわからない冠婚葬祭のために。とレンタルでなく購入したスーツ。
まさかこんなにも早く出番が来るとはスーツも思わなかったハズ。
しばらく使いたくないでず。
予期した明日が来る保証はないからこそ今起きてる今日を大事にしないといけないんですね。


校内の空気を変えるパワーを持っていた先生。いままでありがとうございました。
合掌(-人-。)




-------
sent from WILLCOM 03
スポンサーサイト

日頃 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ラストスパート。 | HOME | なんでかなー。>>

この記事のコメント

自分も数日前に同級生の友達のお通夜に行ってきました。
自分と同世代の急逝ということもあって気持ちの整理がなかなかつかないです。

でも、人間いつ死ぬかわからないから、生きている間は精一杯生きなければダメだなと実感もしました。


久しぶりのコメがこんなんですいません(汗
2009-05-07 Thu 22:37 | URL | 忘人 #T/CaX2Ao[ 編集]
僕も似たことがありました・・・・・
友人が、、、、
いつ死ぬか分からない、でも今すぐとは思ってないからみんな気ままに生きる、難しいですねぇ・・・・・

久々に墓参りでも行きます。
2009-05-08 Fri 21:27 | URL | ヒョロ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。