最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

登ったら下るもの。

朝は小学生の縦割り班登校を横切って、高校生とすれ違って、


そして授業を受けて、

中学生の部活動を横目で見つつ帰ってくるという生活をしているクろです。

懐かしいデス。



そして大学が、楽しい!

なんつっかアレですよ、学ぶ楽しさは大学からじゃないですか?!ってくらい。

特に『生理学及び運動生理学』の授業が面白いです。主に部活動で学んだ実地経験に肉付けされていく知識に加えて、乳酸は実は疲労物質でもなんでもないという今まで学んだつもりの事とは異なる知識も与えられています。

そこで先生と質問という形で色々話したり、『説明せよ』という課題を与えられる事によって知識をより柔軟性を持つ知恵へと変化させていったりという作業が、元々興味がある事柄であるからこそでしょうがとても刺激的なのです。
(逆に学問としての限界、科学の限界というものも見ていたりするのですがそれはさておきます。)

バイトはバイトで仕事に慣れてきて、先輩に褒められて、お客さんに評価され、こちらも順調っ。


明日、目を覚ますのが楽しみな今日この頃です。



言うなれば「最高」な気分です。つまりこれからは下降一直線です。汗




ただ困ってる事があって。

学部学科学年問わず仲良くなった人または入部試験で一緒になった人とメルアド交換をした。・・・までは良かったのだけれど

ロクに名前確認せずに「ほほーいさんきゅー。」で終わりにしたから誰が誰だかワカンネ。って感じになってます。


出席確認の時に全神経集中して凝視&凝聞したり、『~得意な人っていますか?』「あぁ、あそこにいる○○だよ」って会話を持っていったり。

ロクでもないとこに努力している今日この頃。


そして困ってる事のもう一つ。
なんだかんだいいつつ、「今」に満足していてナカナカ「未来」である入部試験へ目を向ける事ができないってこと。
陸上自体は好きだから走るんだけれど。追い込み練、4&800系の辛く吐き気を催す様な練習をする気がおきないんです。
本数や距離を設定しても、休憩時間やタイム、インターバル間のジョグ速度(これは練習目的を把握すればどのくらいの速度でジョグ=ジョギングすればいいかわかります。)がどうしてもグダグダってくる。
こんなんじゃ意味ないってわかっていても、ついグダる。勉強と一緒デスネ。

それを考えると、当時あれだけ必死にやってきたのは陸上が好きっていう事以上に、それ以外の原因によって何か追い込まれている所があったのかなって思わなくもないです。高校3年生の時あれだけ勉強したのは「勉強が好き」っていうのが全てでないのと同じように。(←勉強が好きなんてお前は皆無だろwとか言わないで。)

音楽もそう。受験期とか3分の暇があれば何か聞いてたけれど、今はほとんど聞いてないです。iPodの電池がフツーに2週間以上持ってる。部屋では聞いてるケド。
音楽に興味がなくなった訳では決してない(この間リサイタルいったし。)けれど、それ以外の原因(この場合はおそらく無意識下に感じていた受験ストレス、つまり「いい経験」とかなんとか言っておきながら無意識であっても相当なストレスを受けていたのだと思います。)がなくなったからこそ、当時よりはずっと勢いが失せているのだと思います。


これだけ楽しい毎日を送っていて、それでいて陸上に費やす時間、労力、気力。それが本当の意味での陸上を趣味として活動する瞬間なのかなって思います。



ん~。明日もがんばろう。

学部長曰く「今日も1日頑張ろう!と思って起きれ!」だそうです。

8時前(厳密に言うと遅くても7時59分)に家を出なくてはいけないのでなければ、もすこし頑張れると思うんだけどなぁ。。。大学遠いっす

コメ返信次回です。。。
スポンサーサイト

日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<護身術 | HOME | 初動負荷(PHSより。)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。