最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

初動負荷(PHSより。)

授業は基本一人でうけたくて、いつものよーにフラフラと絶好席(机と席の比率が違うとか前に席がなくて足を伸ばせるとかそういう席)に座ったのですが


しゃべった事もない人にツンツンされました。


話を聞くにその人は初動負荷理論に真剣に取り組んでいる陸上競技者の方であるとの事。
(初動負荷理論がわからない人はググってください。)


一緒にやってみないかと誘われて正直、凄く心が揺れ動いている今現在です。
どうしよっかなぁ。


話が誇張なくトルゥーであるならば、大学陸上は初動負荷理論に反対の姿勢を取っているため両立は困難である。
どちらかを選ばないといけないという事になります。


先端の理論を体得する絶好の機会だとはおもいます。
ただそれが将来にどうつながっていくか。


僕が陸上に多かれ少なかれ接して収入を得ようとした時に、陸上界のメイン理論はなにになるか、なにになっているか。
それが気になる。初動負荷を学んでも最悪の場合「異端児」で終わる可能性がある。しかし現行理論を学ぶと最悪の場合「時代遅れ」になる可能性もある。

自分のやりたい事をやればいい気がするけれど、直接職に関わってくるのだから現実をかんがえざるを得ないです。

ん~。



でも。だったら何のために大学に来たの?って思わなくはない。職業訓練学校的なのも専門学校もあるのになぜ大学に来たのって。


とりあえず今日は、凄く身近に本の中やネット上でのお話だった理論を現実世界で実践している方がいる事そして出会った事に感動をしました。



^^^^^^^^^^^
陽射しが強いと目上げてられないってのは手術の後遺症・・・??


-------
sent from WILLCOM 03
スポンサーサイト

日頃 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<登ったら下るもの。 | HOME | 辛い時期>>

この記事のコメント

>>とりあえず今日は、凄く身近に本の中やネット上でのお話だった理論を現実世界で実践している方がいる事そして出会った事に感動をしました。

僕も、初動負荷を受けにジムに行ったとき、同じような印象を受けました。
モチベーション、あがりますよね。
2009-04-25 Sat 13:42 | URL | みら #51pO7RlA[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。