最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

後輩・付き合う

フリー練、後輩に付き合うよ(恋愛的意味でなくて。っていうか男だし。)

といったら奴は「300+100×7」とか口走りました。



嘘、冗談、幻想、妄想、架空、空想の世界だと思っていたのですが、




決行されましたw


偉い。



流石にこの老兵は足がもたないだろうので、前日に治療院へ行き1時間ほど調整をしてもらってから突撃。




ただし雨上がりだっていう問題が。

(解説:路面が濡れていると、クろのような「地面を引っ掻いて走るタイプ」の選手は接地を安定させようと無意識に脹脛を通常以上に遙かに使うのでケガの原因になりやすいのです)


しかも400の後輩と一対一。

(解説:意地張って追いすがろうとすると地面から足を離す最後の一瞬まで力を込めて走るので脹脛を消耗しやすいのです)



ぶじですみませんでした。

(無事でスミマセンでした、でなく無事で済みませんでしたの意味で。)



7セット目の300スタート直後に右脹脛に心臓がもう一個出現したみたいに脈を打ち始め、
軸を思いっきり左に移したら左脹脛にも心臓が出現、脈を打ち始めました。


流石に一時中断。


休憩はさんでやりきりました。練習効果とかでなく最早意地です。




設定タイムが43秒という中速タイムだったので、


体力的にはそこまで問題ではなくて走りながら声かけれる程の余裕は有ったのですが

足が死んだorz


予兆(頭痛や呼吸音の変化等)が全くなかったので酸欠状態による攣りではないようです。



筋力・・・。筋持久力・・・。


スポンサーサイト

陸上関係 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<辛い冬練をこなしている選手への応援 | HOME | 肥る種類>>

この記事のコメント

おひさーw

練習頑張ってますね

自分も早く受験が終わり練習したいです
2009-01-25 Sun 00:47 | URL | なっし #JLNxlhL6[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。