最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

騎士

こんにちわ受験生です。←

最近天気がよくて夜も暖かいです。

sora1.jpg

tori2.jpg

tori1.jpg

下二枚はまさかの接写設定でピンボケorz



素敵な曲があったので紹介をっ

『騎士』という曲です。




騎士の作曲者アルカン(リストやショパンと同世代)には、
まさにその通りと思えるタイトルを持つ曲がよくあります。



最も有名な、人生の曲「グランドソナタ」、
突き進む列車を表す「鉄道」、
単純でありながら濃厚であり暗闇がじわじわと広がるような「海辺の狂女の唄」、
強く素早く吹き抜け儚く消える「風の如く」、


そして先日発見した高潔なる「騎士」などなど。



「鉄道」と違い、何かの場面を描写した訳ではないイメージ的な曲だけれども、
浮かび上がるイメージはまさに騎士。


ある種の攻撃的な、もしくは威勢のよい雰囲気であっても
それは決して血生臭い「兵士」の空気ではないし百戦錬磨の「戦士」のそれでもない。

誇りを見に纏っていて、清らかな空気の中で空を見上げている。
そこには不安はないし迷いもないし命の危険もない。

気高くそびえ立っている。


そんな感じの曲です。 (個人的な感想です。)


技術的な面で言えばやっぱりアルカン仕様。
終始様々な形の動き回る和音を素早く粒を揃えてかつ強弱豊かに弾けないとならないです。
オクターブをpで連打って素敵デスネ(笑)
4分30辺りからはオ㍗ル\(^o^)/ かwみwww





演奏は「ナナサコフ」と名付けられた架空のピアニスト。
要するに機械演奏なのですが、表情皆無な機械演奏とはひと味違う進歩した機械演奏です。



個人的にとってもお気に入りなのですが、いい曲だと思いませんか??


クラシック初心者の人とか、曲名と曲内容が一致するようなかつ間延びしない曲のが親しみやすい気がするんです。
第1楽章だけ一致の月光、ちょっと語弊のある熱情、曲を送った相手の名前のヴァルトシュタインとかって親しみにくくないのかなって。


作曲者アルカンは謎な人物で、かつ曲の難易度が半端ないため弾ける人が稀で、
全然彼の曲は名が上がらないけれど、
割と聞きやすい曲が多いからもったいないなぁって、思います。


今回の演奏機械「ナナサコフ」を筆頭に、昔バカにされてきた(らしい)機械演奏も結構聞けると思うし。
ちなみにこのナナサコフは日本人が演奏さしてるらしいのですが、多大な努力の上にこの演奏ができあがってるらしいです。
機械演奏といっても、物理的な(技巧的な)チカラを借りているだけであって、他の芸術音楽的な面では大変なのは変わらないようです。


以下コメ返信です。

> へたれ。さん
いやいや、食べる話を除外したとしても例えばブラックバスはどうなるんでしょう。


楽しむために、スポーツの一種として釣り、自然に返してあげているようですが

ハリが魚を深く傷つける上に(魚にとって)熱すぎる手で触られ、ハリを引きちぎられて
自然に返された所で、死んでしまう魚もそれなりにいるらしいです。

(ちなみにそもそも外来種をわざわざ日本にいれて・・・ブツブツ)


結局、となれば「報復されない相手だから殺してもいい。」という事に行き着くのでしょうか・・・。



> エアさん
でしょ?w←親バカ
スポンサーサイト
クラシック | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ギアその2 | HOME | 入試本番・・・!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。