最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

えきでんむしラストイヤー。

駅伝の今日はまともに勉強できないと踏んで、昨日部活から帰ってから7時間くらい勉強。


明け方5時半に寝て7時に起きて

駅伝の観戦へ。眠い。



いつのまにか『観戦』がおもいっきり『応援』になったのは想定の範囲内(笑)



うちの学校、
創立以来初の男子関東駅伝出場

が期待されていました。

マジです。実力通りだせれば余裕の世之介で行けるんじゃないかという程の実力がありました。


kuroの関東大会出場よりも遙かに、それはもうずっと遙かに現実味のある話でした。





こんな書き方しているので結果は察していただけるかと思います。



駅伝にはよくある話です。人間だから起きる事です。




一区エースが脱水症状を起こし大ブレーキ。


先生によると10kmのうちラスト3km地点くらいで脱水症状を起こしたようです。


それを知らないkuroらは5着以内には必ずや入ってくると思って2区始めの方の応援場所にて待機。




先頭集団が通りすぎても来ない。10人、15人、20人通っても来ない。



焦る自分ら。






ようやく来た順位は27位。場所は2区の1kmくらいいった所でした。





この地点で絶望的であったにもかかわらず、


誰も諦めず、恐ろしい追い上げをして






最終順位は一桁にまで達しました。




本当に、今年のうちらは強かったのだと思います。







直接的原因は一区の特大ブレーキである事には違いありませんが、

間接的原因は故障持ちの選手に一番長い距離を無理に走らせざるを得なかった全体のレベルにあるのではないかと思います。

あまりにもエースに負担をかけすぎてしまったのかもしれません。


誰を責める事の出来ない、しかしながら誰も満足出来ない結果になってしまいました。



でも、よく、襷を繋いでくれた。そしてよく、最後まで諦めずに走ってくれた。

ありがとう。




以下コメント返信です。
> へたれ。さん
コメが長いのでわかりやすく分割して返したいと思います。

>>大胸筋も腕振りに関与しているようですよ
短距離は後ろで引っ張るだけでは回転数が足りない気がするので、関与してる気がします。。

>>逆に上半身を重くするというのがいいという視点もあります
トップクラスに置いてであって、11秒を切れる気配がしない今のレベルからして浮かないようにする需要があるのかは疑問なのですが
11秒中盤くらいまであっても、「浮いてしまう事」を「体重増加による負荷増加」よりも考慮すべきなのでしょうか・・・?

>>チェーンアップ
チェーンアップ云々についてはまったくの勉強不足なのでよくわからないのですが、
筋肥大した筋肉は使える筋肉なのかが不思議に思うのです。
極端な話、ボディビルダーのあの筋肉はほとんど使い物にならないと聞きますし。
それは「ミニ」ボディビルダーであってもかわらないのかなぁと思います。

それで「発揮までにかかる時間を短くする」=「チェーンアップ」という事ですよね?
ではその「発揮までにかかる時間を短くする」筋トレ(=別ステップ)を考えてトレーニングした方がよいですよね~?

結論:筋トレ関連で勉強不足過ぎるorz笑




>ぶらすとさん
何に使うのだろう。と思うのですが、
やはり短距離故に腕を後ろに引っ張ってばっかじゃ回転数不足になるからなのでしょうか・・・?
kuroは県有数(?!)のストライド走だからわからないのかもしれないです(汗

スポンサーサイト
日頃 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<お久しぶりです! | HOME | 筋トレにおける真面目な疑問>>

この記事のコメント

勝利や記録を追いかけすぎると往々にしてこういうことはありますよね・・・
2008-11-08 Sat 17:21 | URL | べー #-[ 編集]
体重増加などについては確かに競技者レベルで、有効かどうかが違うので今回は無視してください。
すいません。((汗


なので、チューンアップのみについて説明します。

筋肥大した筋肉は使えないことが多いです。

それは筋肉を鍛えるときのトレーニングは大抵ゆっくりとした動きだからです。

だから、筋肥大して最大パワーが上がっても速い切り替えし運動が必要になるスポーツでは役に立たないというわけなのです。

もうひとつは競技動作にあった動きをしないということ、コレに関しては筋トレの後に短ダッシュなどの競技運動を入れることで解消されるといわれていますが。。

さて、だったらクロさんの言うように発揮時間を短くするものだけをすればいいじゃないかと思うのが普通ですが、

それには必然的に軽いウエイトで行わなければならず筋肥大が起こりにくいのです。

なので重いウエイトの筋肥大→高速の切り替えしのチューンアップ→競技運動への順応化

というステップを踏む必要があります。


ってかんじですかね。。


自分は投擲なのでスプリントにしてもフィジカル信者です((笑

無論効率的な動作も大事ですがやっぱりレベルが上がると最大スピードを生むのに筋力が必要だと思うので、

しつこく筋トレを推させていただきました。


長文失敬以上です。
2008-11-08 Sat 19:05 | URL | へたれ。 #aIcUnOeo[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。