最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

筋トレにおける真面目な疑問

腕立て伏せ



って陸上競技トラックにおいてどのような効果があるのでしょうか。


筋肉名称はさっぱりわからないのでわかりずらい文章になってしまいますが、



胸の前辺りに筋肉ついた所で使わないと思う。

腕振りって重力に逆らって振り上げるようなことはせずただ後ろ方向にふるだけだから背中~肩にかけての筋肉ですよね。


しかもベンチプレス(?)でのマックスは瞬発力のない重さに絶えうる筋肉、つまりは回転数のないパワー重視の筋肉しかつかないのではないのだろうか。しかもこのパワーは時間あたりの出力は小さいどうにも使いづらい筋肉になる。


腕んとこも負荷くるけれど、曲げる筋肉と伸ばす筋肉と違わなくないのだろうか。


根拠としてあげたいのは、腕立て伏せ系のトレーニングやった直後でもなんら走りに影響の無い事。

ようするにそこの筋肉は使ってないんじゃないかと思う。
(腕振るときに軽~く来るのは「背中から肩にかけての筋肉」のサブでちょっと使ってるから)


また、重さ付きの腕振りをやっても短距離としては負荷が小さすぎて効果が薄いような気がする。
回転数低くなるし、軸ぶれるし。実戦に近いようで近くない。


筋トレをやれば速くなる的な考えがあるのかもしれないし、初歩的な面ではそれは十分あり得ると思うけれど、
もう体できあがってるのに『考えない筋トレ』が果たして有効なのだろうかと疑問に思う。

備えあれば憂いなしと言うが、100分の1秒を競うならば備えは最小限にして身軽の方がいいに決まってる。

さらに、例えば400系800であれば胸んとこの筋肉つけると呼吸系に逆効果だとも聞く。


やるべき筋トレを最低限やるべき。
ここでの『最低限』はつまり『推奨量』と同じ。


『考える筋トレ』例えばシャフトを用いたバックプレス。
重さなしで素早い運動をし、軽く浮かせる事によって瞬発力を鍛えつつ、回数を重ねて乳酸をためる。
30+30+10、3セット目が少ないのは質を落とさないで400ラストのような追い込みをするため。
負荷部位もぴったり。

こういう筋トレがいいんじゃないのかなと思う。


では、腕立て伏せは何を意図して何のためにやるのだろうか。

('_'?)


以下コメント返信です。

> むね さん
お部屋のお片づけとか昔のマンガを引っ張り出してきたりとか、楽器を始めたりとかそういうたぐいですね(笑)

「マルクス経済学」・・・なんか凄い物に手をだそうとしてますね(汗


> エア さん
は・・・はい?!、はい(汗

> 忘人さん
楽しいですよ!←
英単語だけでもやっておくとだいぶ違う気がします。
相当な時間を英単語に費やす事になるので・・・

> へたれ。さん
はい!←w

> エア さん
・・・(汗)
なんですか?汗汗

スポンサーサイト
陸上関係 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<えきでんむしラストイヤー。 | HOME | ひさしぶりに>>

この記事のコメント

えと、筋トレが好きなへたれ。なので少し思ったことを。

まず、大胸筋も腕振りに関与しているようですよ(やや自信がない;)

あと、逆に上半身を重くするというのがいいという視点もあります。

体が浮くのを抑えるなどの理由で。(100mのトップクラスになると理論上では体重が少ないと体が浮いてしまうくらいのスピードになるそうです)


そして、
『しかもベンチプレス(?)でのマックスは瞬発力のない重さに絶えうる筋肉、つまりは回転数のないパワー重視の筋肉しかつかないのではないのだろうか。しかもこのパワーは時間あたりの出力は小さいどうにも使いづらい筋肉になる。』


というのはいわゆるチューンアップができていない状態だとおもいます。


まず、筋トレ=筋肉を肥大させようとしたら、重いのでゆっくりとやるのが効率がいいというのが常識です。

それは筋肥大が起こりやすくなるのは、「乳酸をためる」「低酸素状態を持続させる」「筋肉そのものにダメージをあたえる」などがあるようです。

重いのでゆっくりやる=筋肉が緊張した状態が続く=周りの血管が圧迫される=低酸素状態になる。

てな感じです。


若干話がそれました。


要するに。ウエイトトレーニングなどは、ゆっくりやってしまう=筋パワー発揮までの時間が長い。=使えない


この状況がおそらく引用させていただいた状態に思えます。

なので、

しっかりと発揮までにかかる時間を短くするというステップを別に踏めば使えるようになるのです。

それがチューンアップと呼ばれるようです、

まぁ。

筋パワーの強さ=筋肉の体積

と、いわれるくらいですから。。

でかけりゃ強いんじゃないですかね。


適量以上なら別ですが。。。


時間が無いのでめちゃくちゃです((汗


長文失敬です。
2008-10-27 Mon 22:50 | URL | へたれ。 #aIcUnOeo[ 編集]
どこで聞いたか忘れましたが、
100m日本記録保持者の伊東さんは
最近の著書で、走るための筋肉としてハムストリングスなどと並べて大胸筋も挙げているそうですよ。


2008-10-30 Thu 18:23 | URL | ぶらすと #qkrdvnT.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。