最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

本当の、高校最後の大会。

某ブログに、先週の大会の事を

『クロ君は久しぶりに見た。5月の県高校総体は1分56秒台で6位入賞し、南関東大会に出場しているが、ブランクが大きいようだ。』
とか書かれたクロ君です。

大奮闘したと思ったのですが・・・。このさい5位入賞だった事はどうでもよくて
ちょっとショボーン。



どうやら大会が身に堪えたらしく、また明日は模試なので脈絡なくズラズラと書きます。



ー目標ー

~1500記録面での目標~
・4分10秒台前半の自己ベストを出す。

~1500内容面での目標~
・最初出遅れず積極的に行く
・前回腹筋及び腕に負担が大きかったためそこを脱力させる
・しっかり中盤以降なるべくついていく
・2段スパートのチャレンジ。(残り300m地点&残り80m地点)


ー結果ー

~1500記録面での結果~
・4分21秒もかかってしまった。

~1500内容面での結果~
・積極的について行けた
・脱力でき、全身均等に疲労を溜められた
・800から落ち始め1000m以降置いてけぼり
・残り300m地点のスパートは若干出来たが、残り80m地点は体が死んでいた


ー考察ー
先生にも言われたが、今の走り方は800の走りであって800の走りでしかない。
400の走りから手を抜いた物が800の走りになるわけではないのと同様にまた、
800の走りから手を抜いた物が1500の走りになるわけではない。
前半を積極的に行った影響があってかなくてか、
ペースが多少ゆっくりであったとしてもフォーム自体は変わらずその結果、
800m~1000mまで走るのがやっとという状態になったのだと思う。
肺活量系の問題はさほど感じなかった。筋力を使い果たした感。


スピード及びスパートのキレの悪さも1500走ったからではなく、筋肉の減少の影響だと思う。
それは先週の800が証明しているように感じる。
ハムストの筋肉量減少は股関節の展開に難が出て重心が上がらず、
そして重心移動に問題が出た。


ー今後ー
筋力不足は明確。
自主練主体であるため短距離系の練習が難しく、維持するのは困難だが
『使える筋肉』を絶対条件に補強を加えていきたい。
自主練主体であるがために、ハムスト等の際どい箇所(=故障に繋がりかねない箇所)の筋トレはばっちり出来るので活用していきたい。
肺活量は割と維持出来ていると思うのでこのまま続けていきたい。


ー総括ー
記録面では不満が残る。
が、練習量からしてまぁ無理ない結果なのかもしれない。
内容面ではほぼ達成でき、一応の満足は出来る。
先週の800、今週の1500で課題は見えた。
残り3ヶ月ちょっと、集中していきたい。




読みにくくてすみません。ほとんど自分用のメモです。



ところで、
100mの11秒9
1500mの4分20秒

どっちがレベル高いのでしょうか。つまりは入試でどちらが点取れそうでしょう??
感でいいので応えていただければ><!


あ、今日はマイルでの進化が見れて面白かった。
そして1年+1週間ぶりくらいに賞状をもらえなかったorz
スポンサーサイト

陸上関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<SWの話題を二つ。 | HOME | マイナスをプラスに>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。