最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

後悔してること。

後輩だった女子2年生についてちょっと語ります。
どうしても吹っ切れないのです。
これで最後にします。


その後輩だった人をCとします。


Cは400mHの後輩でした。中学時代は100・200。



春休みから友達と練習に参加してきた熱心な選手で、僕らの代はとても期待しました。

「やる気のある奴がやってきたな~っ。」と。


そのまま入学してすぐに入部。

他の1年より一歩早く練習に参加していた彼女らはすぐに練習をこなすようになりました。



Cはセンスのあるというか元々速いタイプでショートスプリント向きでしたが、

彼女は400mHを希望しました。

「400mHは人のやる種目じゃねぇ」とか半分ふざけて言っていた僕ら2年は驚き、
一種の尊敬の眼差しを向けました。


「ハードルが好き」なCにとっては400mより400mHの方が走りやすいのだそうです。




しかし、僕や先生はCの致命的な弱点に気づいていました。

決定的な持久力不足です。

元々100・200の選手が400m、それどころか400mHをやるとなると持久力不足は火を見るより明らかでした。

卓越したスピードに頼って加減しながら走った所で頭打ちするのは目に見えていたのです。



ちょうどそのころ、僕は新人戦を9番目の記録で落ち、総体で関東出場を果たすべく計画を立てていた頃でした。
短長ブロック創設。

今まで短短+αでやってきた短長メニューをしっかりと立てようという事でした。



もちろん400mHのCも誘いましたが、彼女の答えはNO。

「自分はつぶれちゃうからいいです。」ということだった。


ようするに彼女はハードルは好きでも向上心は(さほど)無かったのです。


それはそのまま楽な短短メニューへと彼女を誘いました。





冬季の間、彼女がどれだけの練習を積んだかはわかりません。





春になり、Cも2年になり


記録は伸びました。


しかしそれ以上にCの友達は伸びました。

夏と呼ばれる時期に入ると


400をやってみた友達にCはあっさり抜かれてしまいました。


原因は断定できません。

しかしハードル練にCが逃げている間にキツイ練習を友達がこなしてきた事は事実でしょう。

そしてその友達が皆勤賞を成し遂げ地道な練習を積んできた事も事実です。


確かなのは、400mHの選手が400mで短短の選手に負けてしまったという事です。




それからしばらくして、

Cは部活に出なくなりました。




将来の事を思ったというCが、部活の事で悩んでいたのかどうかはわかりません。

上に書いた事は部活を辞めた事と無関係なのかもしれない。正直、無関係である事を願ってる。

でもそうでなかったら、僕には何か出来たと思うのです。いや逆にしなければ良かったと思うのです。


僕は上級生であったけれど、果たして先輩に成れていたのだろうか。

上を目指したいがために自分の事ばかりに集中して、後輩の様子に目を配らなかったのではないだろうか。
同級生でさえ何度となく凹ませた。
二つ下の女子後輩に無神経にもキツイ事を言って泣かせてしまった事もある。
考えてみればマイルでCの気を思わず、他のメンバーを良く褒めていた気がする。

Cには「お前ぬかされんよ?」と何気なく言っていた。


向上心のないCに悪気はなくても冷たくあたっていた。

本来なら向上心を引き出してあげるのが先輩の役目ではないのだろうか。



僕は僕のために僕だけで練習をして南関東決勝まで進んだ。周りを顧みず。

選手としては「よくやった」のだと思う。けれど先輩としては「失格」なんだろうな。

いや、1部員として「失格」なのかもしれない。



これで関東に行ってなかったら本当に首をくくっていたかもしれない。

関東にいけたからこそ今、こうして日記を書いてるのかもしれない。

そう思う程、僕は自分の行いに後悔している。


失わないと気づかない事もある。
今、僕はそれを痛感している。

戻ってきて欲しい。



けれど、もうそれは叶わない。
新人戦選手一覧からCが抹消されていた。痕跡何一つ残さず消されていた。


もう、陸上部にCはいない。


高校生になる前から練習に来ていたあのCは、もういない。





思い出した、
県5位入賞
県大会第5位の賞状、撮ってくれたのはCだった。


本当に泣きたい。
スポンサーサイト
日頃 | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<おぷんきゃぱす | HOME | わぁるどれこぉど>>

この記事のコメント

でもまぁ・・

最終的に決めるのは本人なんですし、本人がそれでいいならもういいと思いますよ。
2008-08-18 Mon 11:48 | URL | Blast #qkrdvnT.[ 編集]
人の上に立つってことは思ってる以上に難しい事だよね。

それがどんな形であろうと、上に立つ限り何かしらのしかかってくる。それは責任だったり、期待だったり。


でもどんな人でも、全てを完璧にこなすのは無理だと思う。


自分もそういう経験があるから…


あんまり気にしすぎるのも良くないよ。


適度にヘコンで次に活かせればいいと思う。
2008-08-18 Mon 23:56 | URL | すたれんじ #TY.N/4k.[ 編集]
ちょっと残念な話ですね

そうゆうのってほんと悔しいですよね
2008-08-19 Tue 21:19 | URL | 柿 #3/VKSDZ2[ 編集]
日記を書いてくれてありがとうございます
っていう心境です。
 
僕(二年)の後輩も辞めそうです。
入部して殆ど時間は経っていないのに..
 
その後輩も同じように入学前から練習に来ていました。
昨日は風邪で休みと聞いていたのですが、
練習を始めた直後に1人で制服で来て、
辞めるという旨を顧問の先生に言っていきました。
部員は誰一人その事を知りませんでした。
 
日記を見て、部長である僕が頑張らなきゃいけないな、と感じました。
ありがとうございます。
2008-08-20 Wed 08:13 | URL | むね #-[ 編集]
自分は同じことが同学年でおきたことがあります。

中学のときです。

自分は部長で、

まとめないといけないと思って、

やる気のない人にきついことを言った。

そして、けんかをした。

その数日後、

後輩に無理なメニューを課して、

怪我をさせた。


そしてまたけんかをして、

彼は部を去りました。

他人の更正だけを求めるのはダメだと思いました。。


また思い出しました。

仲間を大事にしたいです。

ありがとうございました。



コメントの件もありがとうございました
2008-08-20 Wed 21:13 | URL | へたれ。 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。