最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シーズンイン。

こんにちわ。クロです。
記録会の結果報告がまだという事で内容は察していただけるかと思います。
4×100mR、800m,400m,4×400mR。


800m。
いちについて・・・パンッ!!
またしても「よーい」抜きでワンテンポ遅れたクロ。
ス~ッって加速して直線へ、オープンへ。
少し遅れ気味だったが思いの他、消極的な動きだったためちょっと我慢して先頭へ走る。
1位をすぐ左前に見て2位。後ろからの追撃はない。予想通り「様子見」の試合のようだ。
300m通過。
ピッチを意識してポジションを維持。1位の選手のいかにも楽に走ってる感が気になった。

カランカランカランカランカラン!!!

半分通過!
アナウンサーより「一週目59秒。」と報じられる。
遅い。けれども着実にクロは体力が磨り減っていくのを感じた。
500m通過。クロに失速警報。勢いが消えていく。ここが踏ん張り時。
1位が流れるように進んでいく。その直後・・・
・・・
・・・
来た。

530mにして後方からの追い上げ。
さっと抜かれて3位に後退。
彼は1位をも抜いてトップに躍り出ようとする・・・
がここは1位が何事もないかのように合わせてスピードを上げて失敗。2位を維持。
そして息切れして失速。

隙有りとばかりにクロが抜き返す640m通過。
やっとの思いで2位に再浮上したクロ、ラスト150mここからが勝負。
ラストスパートを。。。


だけれど今日のクロは違った。
ギアが切り替わらない。顎が上がる。腕が重い。
己への過信と同時にスピードがガタガタッと崩れる。

そのまま1位に近づく事もなく2着。


タイムは2分01秒4。悪くもなく良くもなく。予想範囲内。
中盤、腕の振り過ぎがたたったのか、ラストスパート不発は精神的に辛い。
そして1位の選手の異常な程の安定した走りには完敗。
相手に合わせてスピードを上げる余裕がまだ残っていたとは・・・。
クロより明らか格上の選手だと思い知らされた。



400m。
二組目。4人だけ。そしてその3人は強豪校の選手。(とはいえ2軍か3軍。)
スタートと同時にスピードを張り上げたが、最初の一歩でちょっとつっかかったのが
あってかなくてかスピードに乗り切れず
結局いつものように後半追い返す事になってしまった。
2着。52秒後半でほぼ53秒。
スポンサーサイト

陸上関係 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<クラス替え | HOME | シーズン。>>

この記事のコメント

いよいよ三年生か~
手強いランナーと勝負したみたいね。
高校陸上最後の年、悔いの残らぬよう走り抜いてね。
2008-04-05 Sat 22:24 | URL | あきつしま #RDUJksVU[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。