最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

迫り来る

150のスピード練習というクオリティの高い今日の練習。
・・・のはずがいつの間にかダルッダルになるのはクロリティw

タイムこそ20秒切りを目標にしてそれを遂行しているけれど、
別メニューで1人練習という事があってなかなか質が上がらない。だがそれがいぃ(殴)


長距離の先生は「焦るな」っていうけれど、
そーよーの中距離がズバーッッって走り抜けてく様子を見ると
「なに、おれ。こんなのと一緒に走るわけ?」って感じでアワワのワ。
「焦るな」ゆーのがムリ。 でも焦っちゃダメなんだよ。


ゼンケイコツキン(?)と右ハムがイエローランプ点灯中だけれども全体としては
上がり調子な感じ。
練習最後の300mテンポで38秒。思ったよりもよかった本音。ひっくり返してそのままケガへの不安。


400系の後輩、男子の方がイイ感じだけれど女子の方が死んでる。
冬季練プァアな事やってたのかただたんに調子が上がらないのか。
本人の希望で短短に移ってから全く観察してないし面倒も見てないからそのあたりなんもわからん。
でも間違いないのは好きな練習だけやってて速くなれるような甘い種目じゃないってことだ。



中学100mHから高校で400mHを始めた女子の後輩。
強化すべきなのはハードリング技術ではなく満足に400mを走れる持久力だったのに、
本人は好きな方、楽な方、つまりハードリング技術を磨く方に重心を置いてしまった・・・いやそれしかやらなかった。
その結果が冬季乗り越えてからの伸び悩み。
(もちろん女子は男子と違って体の発達での伸びが少ないからというのもある。)
ハードルが楽しいからハードルだけやるってのも有りだと思う。それも有り。
でも自分でその道にしたのならタイムが伸びないからと泣くのはおかしい。

陸上と遊ぶのか、陸上と真剣に向き合うのか。
この過酷な種目において、半端な心で取り組むのは辛いだけ。
どちらかに集中しなくては。

君は遊ぶ方を選んだんだ。泣くんじゃない。
向き合ったのに成果の出なかった子が、君の同級生にいるんだ。
スポンサーサイト

陸上関係 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<主力が800、専門は400。 | HOME | そしてお別れ。>>

この記事のコメント

胸にきた
2008-03-29 Sat 00:31 | URL | すたれんじ #TY.N/4k.[ 編集]
共感できます。
2008-03-29 Sat 17:30 | URL | へたれ。 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。