最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ピアノ独奏によるベトベン交響曲第9番(合唱付き)

2ヶ月くらい前に「ほし~っ!」って思ったCDをついに購入。

ベートーヴェン (リスト編曲) : 交響曲第9番 「合唱」ベートーヴェン (リスト編曲) : 交響曲第9番 「合唱」
(1999/11/25)
カツァリス(シプリアン)

商品詳細を見る


すごい!!感動したっ!(K元首相風に)
「ピアノはオーケストラ」ってのだめか何かに書いてあったような気がしますが、
まさしくその通り!!

たった一台の楽器から奏でられる音楽は、ベートーヴェンの第九そのものっ!!!


音色と音色が混ざり合い一つの芸術が生まれる第一楽章から、
有名な「歓喜の歌」のある第四楽章まで
見事にたった一台のピアノという楽器で表現しきっている。

本でいう「あらすじ」のようにメロディーラインだけを取っている訳ではない。
全ての旋律を演奏しているのではないだろうかと思ってしまう。
それほど違和感が全くない。

とにかくこんなに感動したのは初めて。
ピアノの可能性を身震いする程感じた。


この感動を1050円で。(宣伝)
スポンサーサイト

クラシック | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<キャラ的な問題で。 | HOME | 音の絵。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。