最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

トリプルエチュード、鉄道

年末は1人で年越しクラシックを見ていた聴いてたクロです。
家族はリビングで紅白、クロは和室で年越しクラシック。。。ふぅ・・・


「iTunes Store」で購入した物のなかからトリプルエチュードについて。
アルカン作曲のトリプルエチュード(アムラン演奏)。「練習曲を3曲組み合わせました。」っていう曲です。
ショパン12のエチュード×2から3曲を選び抜き合体というか合成というかした物。

もうなんていうか違和感すごいです。

フィギュアスケートでよく行われるクラシック音楽を切り張りと同じくらい違和感ありまくりです。


音楽を聴くときって(好きなフレーズほど)、次のフレーズを予期しながら聴いてしまうんですよね。
そこで予期しないフレーズが出てきてしまうと・・・


や~め~てくれ~~っ!・・・て。


で、そもそもアルカンっていう作曲家が知られてなかったりしますね。
ベートーヴェンはわかる。ショパンわかる。リスト?あぁあの人ね。モーツァルトわかるわかる。
アルカン・・・?誰それ・・・??ていう。。。
当時は有名な人だったらしいです。参考:シャルル=ヴァランタン・アルカン Charles-Valentin Alkanの部屋

エチュード「鉄道」はオススメです。
どちらも「iTunes Store」で購入できます。
うん?アドレスはれって・・・??
トリプルエチュード鉄道


スポンサーサイト

クラシック | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<部活と飯とゲーセンと。 | HOME | 謹賀新年>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。