最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中学の400と高校の400。

別に研究した訳じゃないししっかりした根拠が有るわけではないのだけれど、
去年今年の2年間で思った事。


中学の400と高校の400は別な種目だ。っていう事。
ちなみに県大会下位レベルの話。


中学の400では持久力勝負な所があって、持久力さえあれば
なんとかなっちゃった所があるように思う。
後半バッタバッタ落ちていく中、さほど落ちなけりゃちっちゃな大会であれば上位とれたもん。

でも高校の400は違う。
スピード勝負。そんな感じがとてもする。
体も成長してきて、中学から運動やってれば持久力なんてある程度ついてるのよみんな。
さらに400mをやろうなんて考える人は中学の時よりも専門的な練習を積んでるわけ。
だから最後のつら~い100mも落ちることは落ちるけどそこまで落ちない。
つまり持久力系による大逆転劇なんて起こらないの。
だから勝負の鍵を握るのはスピード。そう思う。


他は知らないけれど、私の場合は
中学の時は400を中距離、高校の時は400を短距離と言っていた。
まさにどんぴしゃ。その通りに思う。

持久力勝負をしていた人は
中学で400mをやっていたから高校でも400mをやります!
というよりも
中学で中距離(400m)をやっていたから高校でも中距離(800m~)をやります!
の方がいいと思う。
持久力でなんとかするなんて高校ではちっちゃな大会でも通用しません。

400mはスプリントの世界なんですから。




「ふ~ん・・・」って思った方は是非クリックお願いします。
スポンサーサイト

陸上関係 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<にちよう。 | HOME | 戯言>>

この記事のコメント

わかります。

自分は投擲やりながらちょっと400mかじっただけだけど、、

どっちにしても、持久力があるよね!!っていわれる程度の人には勝てないです。

自分もそうでした

中学でも

52や50秒を切る人は100m11秒前半で走るやつらです。

凡人には考えられんです。

そう考えると、

いかに短距離が神聖な種目かって今一度感じます
2007-11-17 Sat 22:56 | URL | へたれ。 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。