最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

パブリックドメインの世界

クラシックカテゴリーいい加減何か書けよっていう感じなので。


クラシックってなんだかひじょ~にお得な気がする今日この頃。
70分近く一杯一杯に詰め込んだのが1000円とか、高くても2000円前後だったりして。

TU●A○Aで借りるにも新作な訳ナスで全部安いし、
10枚入りボックスが1枚と同じ値段(300円!)で借りれたりするし。←そしてコピー


(広義での)ポピュラー音楽と比べると時間当たりのコストがだいぶ抑えられているのではないかと思うのです。

で、なんで安いのかっていうと。
需要と供給曲線的に需要が少ないからどーとかいう話なのかもしれません。
が、やはり一番大きいのは著作権・著作隣接権問題みたいです。

本来CDを発売するに至ってアレコレいろんな所に払わなくてはならない著作権・著作隣接権みたいな物を
クラシックの場合は一部を除き作曲者・演奏家が随分昔に旅立っている方が多いので
その著作権・著作隣接権が切れてる。→出費が少ない
ということでコストを抑えられるのが大きいらしいです。

ところが話はそこで終わらず。

つまり昔に無くなった方の著作隣接権が切れてる訳で、
つまりはパブリックドメイン(フリー)になっているという事で。
それらは自由に使っていいので、

ふつーに、ただで、




ネットに流れてます。


いやほんとに。
詳しい事はよくわからないのですが、合法で。
ただもちろん録音は幾分古い物で1950年代の物ばかり。
つまりモノラル。でも音質はバカにしたものではありません。


金のかかる話ならともかくかからないので聞いてみた方が早いと思うです。

スポンサーサイト

クラシック | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<冬季トレーニング | HOME | ヒーッヒーッヒーッなんて走ってると死にますよ。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。