最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

生存報告です。

3/11、国内観測史上最大の大地震が発生しました。

犠牲になった方、心よりご冥福をお祈りします。
また、被災された方の無事と健康をお祈りします。


クロは大学で被災しましたが、震度4~5程度で大きな被害はなく無事です。
いくつかメールをいただいて、とてもありがたく思いました。


この地震、関東大震災前の最終警告だと思うべきです。
次は私たち、そう思って準備をすることが私たちにできる限られた事のひとつだと思います。


スポンサーサイト
イベント | コメント:4 | トラックバック:0 |

3DS

『3DSは見送りです(キリッ』

とか言った翌々日に3DSを買いましたクろです。



気になってる人もいると思うので感想を書きます。
ポータブルゲーム機はゲームボーイアドバンス以来で、DS系との差異はわからないのでそこはスルーです。新機能とか3D化以外わからない。画質向上っていわれてもわからない。



○3D
3DSといえば本格導入の裸眼3Dだと思い。
どんなもんかと思ってましたが、しっかり3Dでした。
ただし、縦にスリッドを入れる事によって左右の目でみる画像を微妙に変えるという手法なので手前に飛び出してくる感には大きな制限があります。一番近くてもゲーム画面表面(2D画面の位置)です。
奥ゆきにしても、遠遠距離の表現はできていない印象です。これは画面の緻密具合による物かなと想うので後継機種に期待します。
結局3D空間は画面の大きさを一辺とした箱もしくはもう少し奥のある直方体の箱程度の物でしょう。



○3Dカメラ
3DSにはカメラが二つついており、人が目でみるように物体を撮影する事によって3D画像を作成できます。
が、しかし画質は残念賞。急激な進歩を遂げている携帯電話で表すにはちょっと難しいですが、2世代3世代前の携帯電話画質といった感じ。3年くらい前のケータイかなぁ。なので『集合写真を立体写真で!』という野望は叶いません。

そもそも発揮される3D空間が上記の大きさなので近づいて撮らなくては3D感がせず、実際の所カメラの画質の低さはさほど問題になりません。
逆に高画質になってしまうと3D上いろいろ辛いのかもしれませんし、3Dを楽しむためのカメラに画質を追求してただでさえ高い価格がさらに上昇などという事は避けてもらって良かったと思います。これ、ゲーム機ですから。

それを考えれば、必要十分、『こんなものかな』くらいのレベルで落ち着いてるのではと思います。



○3Dゲーム
本体プリインストールのARゲームズというのはよくできていたと思います。カメラに映っているその場の映像に3Dを合成してのゲームです。ゲームそのものは的当てやボーリングという簡単な物ですが、3Dの完成度が高く楽しめました。机の上に広がっている感がよくできています。
市販ソフトではレーシングゲームを買いにいったら売り切れだったので戦国ゲームを買いました。
本体と同時発売という事でとりあえずのなんちゃって3Dゲームかとさして期待していなかったのですが、こちらもちゃんと3Dになっています。2D状態と比べると(ゲーム自体が3Dを前提とした構成になってるのでしょうが、)位置感覚や没入感が強く感じます。
しかしながら、本体メニュー画面の3D感と比べると『あれ?もう少し3D強くできるんじゃないの?』という印象は受けました。
3Dゲームはこれからの分野、魅せ方や仕組み、システム等の進歩はまだまだのはずです。
続々と発売されてくるゲームが楽しみです。キラーソフトはやっぱり時オカでしょうか?


○サウンド
ん、こんなもんじゃないの?欠けてるとこはないと思うし。うん。←



○まとめ
動作も快適ですし3Dもしっかりとしているので、まぁ高かったけれどその分は楽しめそうかなと思います。それぞれのソフトのロード時間も許容範囲内です。
マイナーバージョンアップ版がでるなら、カメラ改良とバッテリー強化になるのかな。あとARゲームズが微妙に重くなる時があったのでCPUの改良とかあるのかも。ソフトウェアバージョンアップでの最適化とかになりそうな気がしないでもないしその方が私としてはありがたいですが・・・。



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。