最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

極寒と呼ぶに相応しい日

死ぬかと思った。



東京マラソン兼なんたらかんたら選考会?がありましてその給水のお手伝いにいってきました。
正確には行かされたのだけどあえてこう、アクティブな、ね。乗り気だったからいいのさ。


陸上部のくせにこういった事にはサラサラ興味ない人なのでまさかこんな規模だとはびっくり。

走る人はもちろんそれを支える人達の人数の多さ。まさに一大行事です。

これだけの人が、同時に、競技レベルだとかを無意味に「走る事自体」を楽しんでいるのだと思うとなんだか不思議な気分がしました。




それはさておき

雨でした。時に大雨でした。

私たちは、隠れる所ないにも関わらず傘をさせません。カッパも着ません。(下に着こめばよかったが寒さを過小評価していたのだよちきしょう。)


こんのクソ寒い中雨に打たれ配布されたウェアはグッショリ。そこを浸水した私服もぐっしょり。帽子?ああ、このただの重りの事か。


カバンもしょえず、安全な場所も確保が期待できない(実際、残念ながら傘など私物を観客に盗難された人が出ました。)という事で着替えは靴下だけ。あとタオル。





「今日さむいねぇ」

「うん、冬って感じだねぇ」







「・・・さむい」

「・・・うん」






「カタカタカタ」

「ガクブルガクブル」




帰りたい あったかお風呂 いれといて



寒くて寒くてもう雨とか感じなくなって。

みんなで凍えながら顔面蒼白になりつつ



車道に飛び出す観客を抑えてました。





こうも環境がわるいと人間だんだん不機嫌になってくるものです。

自分も自分で「寒い寒い」といいながらジリジリ前にでつつ傘でつつく観客にちきしょうとか正直想いました。





パリパリになった手で片付けをして解散。

着替えようにも持ってきた靴下はグッショリ。雨拭くハズのタオルは濡れ雑巾。



もはやどうする事も出来ずガタガタ震えながらやっとのおもいで駅に到達するも・・・




『チリ地震による津波警戒のため運休』





(´;ヘ;`)


お金のためにやってる訳じゃない。

でもこの状況に加え、支給額から交通費と500円程度の食費を差し引いたらマイナスになるのはつらいものが・・・


スポンサーサイト
日頃 | コメント:1 | トラックバック:0 |

スノボの五輪代表選手の服装問題が騒がれていますが。

何か違和感を感じるんですよね。

日本代表としてのなんたらと言われても、

本人にとっては自分の成果を出す大きな舞台としての位置づけでしかないだろうし

そういった事を要求するなら、


最初から選考基準に入れておくべきだと思うんです。

競技能力が秀でた者が人間として秀でてる訳ではないし、

だから競技能力だけ(かどうか細かい事は知りませんが、)で選考しておきながら

競技能力以外の程度が(世間からして)低いという事に文句つけるのは何か

なんというか違和感を感じるんです。


選手からしても、「競技能力で選ばれたのになんで?」と思っても不思議ではないです。

たとえ形式的な物であったとしても、選考基準にそういった(人間的成熟やら日本国代表としての意識をなんたらかんたらといった)事があれば

選手の心構えも変わるだろうし要求できるんじゃないでしょうか。



もし既にそういった選考基準があってそれに則って選考したのだとしたら、

責任は選手でなくて選考者の方ではないでしょうか。別に五輪選ばれたから急にあのような世間からして好ましいとは思われない格好を始めた訳ではないでしょう?



私もあのような格好は好きじゃないし、えーって思いますが、
それと同時に、かといってバタバタガヤガヤ騒ぐのは何かおかしいと思うのです。

この事に限らず、一つ一つの結果に焦点を当てすぎてそれを生み出した原因に焦点があたらない論点にされてない事が多いような印象があります。

これでは根本的な解決にはならないのではないでしょうか。


日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |

windows7でTS2がIL-2 1946等のゲームで使えない現象について

またしてメモ書き的に。
TeamSpeak2を起動した状態でゲーム等をプレイし、しながらトークをする。

これがWindows7では上手くいかない場合があるようです。
細かく述べると、ゲーム画面を最大化すると「マイクをONにする」ボタンが作動しなくなります。

音を感知して自動ONにする設定なら支障なく動作しますが、人間的にそれは支障があるのでなんとか避けたい所。


そこで、その解決ですが。時間かけて色々試して調べた割には簡単な解決法でした。
プロパティより互換性モードでXPにチェック。管理者として実行。

これでバッチリ動作しました。
こちらの動作環境ですが、OSはWindows7pro、CPUはcore2quad、ヘッドセットはUSBヘッドセット、動作確認ゲームは IL-2 1946 です。

気休め程度の機能だと思っていた互換性モード。案外しっかり効果がでるようです。
日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |

-4のアルバイターによる宣伝。

昨日行った偵察員(笑)の父によるとアバター面白いらしいですね。あの成績は初本格3D映画であるそれだけの事ではないのかと疑っていましたが、意外にも近所の映画館で見れるらしいので今度いってみようと。

ただいま-4ではフライドポテトとコロッケが20円引きです。コロッケは80円が60円にプライスダウンして、さらにお求めやすくなっています。100円よりか50円よりかという心理的な違いも大きいらしく、今日は飛ぶように売れていきました。

取締役によると通常の8倍だそうです。ぜひ、お試しください。



ちなみにkuroは食べた事ありません(w

60円だからだれか買って。
日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |

IL-2 1946 Windows 7 Professional

強力かつ初歩的な解決法を見つける事ができました。


メモ書き的な記事です。
Windows 7 Professional で IL-2 1946 のMod(HFSX等) を導入したいと思ってる方に参考になると思われる記事です。
(Windows7にIL-2 1946 がそもそもインストールできないという場合は、DVD内の「a.setup」を実行すれば大丈夫です。)




IL-2 1946を購入し、HFSXというModを当てたところ、どうにも動かないのです。
デフォルトでは動くがModを入れると動かない。
NHKというゲーム団体の司令さんにいろいろと助けてもらい、聞き込みもやってもらっても解決せず。

なんてこったい、Windows 7 Professionalには対応していないのか?!


HSFXで拡張される機能や世界に胸ときめかせていただけにショックは大きかったです。
XPモードに期待せず素直にHome Editionを買っておけばよかったと。
(ちなみにXPモードはグラボを認識しないのでゲームにはほっとんど使えません・・・。)


状態としては、ロードが完了しメニュー画面が表示されて4秒~5秒でゲームごと落ちるという状態です。
ちなみにロード画面もメニュー画面もMod導入した時の期待される画面ではなく、デフォのまま。
違いは英語がなぜかアラビア語になっているという事のみでした。




で解決のルートです。

おそらく事の原因は、Windows 7 Professional さんの余計なお世話機能であると推測してます。

C:\Program Files\Ubisoft\IL-2 Sturmovik 1946
がデフォでインストールされている場所ですが、実はもう一つ「IL-2 Sturmovik 1946」フォルダが作成される場所があります。
C:\Users\「ユーザー名」\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\Ubisoft\IL-2 Sturmovik 1946
インストール段階では存在しませんが、ユーザー設定や、パッチ等を当ててゲームファイルの改変を行うと生み出されるようです。

これが何かの悪さをしているのではないかと予想しています。参照のエラーとか。どうだろう。


この解決のためには、
一度IL-2 1946 をアンインストールをし、
C:\Program Files\Ubisoft\IL-2 Sturmovik 1946
C:\Users\「ユーザー名」\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\Ubisoft\IL-2 Sturmovik 1946
両フォルダを消去します。

そしてインストール時に、右クリック→プロパティ→「互換性」タブの「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェック→WindowsXP (Service Pack 3)を選択→適応→OK

そして実行時も右クリックで「管理者として実行」でインストールをしてください。
念のため、プロパティでも互換性タブの「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックをし、「すべてのユーザー設定を変更する」で同様の設定にするのもアリだと思います。

また、もし互換性タブでの「互換モードでこのプログラムを実行する」がチェック不可でしたら、
「すべてのユーザー設定を変更する」をクリックしそこの選択肢からチェックをして変更してください。

IL-2 1946 本体 、 パッチ 、 MOD 、 すべてをこの手順でインストールしたら私の場合正常な実行を達成できました。


以上メモ書き終わりです。ちなみにMODを入れなければ通常のインストールで問題ないです。




日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。