最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

だいだげき~っ!

なんで主人公出身の地が1番レベル低いのだろう
というツッコミはたぶーデスヨネ。





久しぶりに素材集めのために出発の地へ帰ってみたら

HP7のモンスターに300ダメージ超を与えやがりました。




主人公『大丈夫、追い払うだけだからっ』


ど こ が だ よ (;´・ω・`A





ボスというか、まぁそんな存在をフルボッコして勝利した主人公ですが

直後挑んだ裏ボスにフルボッコにされました。


いあ、なんでコイツこんなに強いのかと。



表ボスに3桁ダメージ逝った渾身の一撃が

裏ボスでは2桁ダメージしか入らない上に


1ターンでこっちのHPが2/3~4/3削られるっていう。



ぇ。


まじ萎えるんですけど。世界は広い、ボスはつおい。強すぎだってば。




そんな訳で初心に戻り素材集めして納品しまくってる訳であります。


完クリはいつになるのやら・・・。





ぇ、明日がっこ?あっそう。←




朝6時から15時までの9時間労働をしたため

なんだからテンツオンやら生活リズムやらがほーかいしてますご愁傷様でした
スポンサーサイト
日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |

成績が帰ってきた訳ですが

りぃぃぃぃいいいいいいいっっぃいいいいいいいいいいいいいいいい




ryryryryryryryryry





りゃくりゃくりゃくりゃくりゃくぅ~っ





4/150位

なんか半端だぁ。↑の3人は誰だぅぃぅう(´・ω・`)



大会だったらメダルまで後一歩の残念な立ち位置ですヨ。

むぅ。


日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |

シンジンせんの報告

はまったゲームがシリーズ物だったもんで


完全クリアした余韻に浸る暇なく続編をやっているクろです。


残りの夏休みの過ごし方が決定したようです。


ゲームで、ゲームで、ゲームですねふひひ←



あーはいはい。報告をっ

昨日、なんだかおっきめな大会にでてきました。

なんていう大会だったかな。


まぁあれですよ。

大きい大会だと知った所であがるだけですし

小さい大会だと知った所で緊張感なくなるだけなので

まぁ別に、、、ね。



ナチュラルに。



あ、とりあえず国立のトラック(たいやがついてるほうじゃないぞ)を走れる貴重な機会らしいですbyマネージャー




こんな決してハイなテンションではなかったというのにこれに追い打ちをかけるように


・朝、コーヒーを飲んでたらうっかり予定出発時間をおーばー。
・湘南新宿ラインホームが隔離されていて3分で240mも移動できる訳もなく乗り換え失敗(in渋谷駅
・最寄り(でもない)駅に辿りついたはいいがバス停が見あたらず徒歩けてーぃ。
・競技場にたどり着くも大学の集結地がわからず迷子でおろおろ
・中学ユニフォームででる予定だったが直前にダメと言われてゼッケン付け替えおろろろろ。
・招集所で招集した後になんだか説明を受けて団体行動に。ざ、よていguy。

・・・いや、もうね。うん。。。

そんな事で余裕あったはずのアップ時間がバッサリ削られ




ビルドアップに体操ストレッチ、動き作り、50mに満たない切り返し走までしかできなかったとかいう。


マネに知られたらフルボッコ。




元々チリ一つ分だった闘志はいつの間にか吹き去り、





いろいろ べんきょうに なったぞ せっかくだから はしって みようか 。



って感じに。うむ。実に新鮮だ←ぁ





とりあえず参考タイムが皆様お速くて、(参加標準が1分56秒台だから皆これを切ってる。)

鈍りまくりな自分じゃこりゃ叶わないなって感じだったので


皆様のお尻を眺めさせてもらう事にしました。へんたいおつ^^



8レーンにもかかわらず実に良いスタートを切れまして

オープンコースへと移行した時はどこでも狙える地点。


がながら前述の通りのっとりおっとり走らせていただいて




堂々の最後尾。(2人棄権なので6/6)




言い方換えると、ビリ、ドンケツ、最下位、クズ←




あの持ちタイムにしては実に和気藹々とした前半を演じ



通過がどーかな。55,56,57,58とかそんな感じだったのでは。

自分は最後尾故に58切ったかどうかであるとおもってるてすと



もちろんそんな通過タイムに満足をするような方々ではあるわけではなくなんちゃらかんちゃら、

一週目通過タイムがアナウンスされた辺りで急に賑やかになってまいりまして


やんややんや始めた所を、祭りを眺めるだけの生意気なガキのようにあたかも他人事であるかの如く観戦し

心の中で1人ほくそ笑んでました。せいかくわるいですねやっぱり


そいつはさておきそぉぅだなぁ。ラスト250mくらいからスパートが駆けられ

今までロスレスで走ってきたクろは















見事に置いて枯れました←死ねばいいのに









本人は『うほwwwみんなハヤスwwwさwすwがwww』とか思って

勝手に何を勘違いしたのか1人マイペースでまるで輪ゴムで前の人と繋がったかのように

うにょ~んと走ってましたが



先輩様が撮ってくださいましたおびでおをおはいけんさせていただきますと





『こいつオワタ\(^o^)/ 』


という印象を持たざるを得ないです




自分にとってのはんぴゃくめーとるはやぱり前半でも後半でもなくまたは中盤でもなく終盤であるのでして

ここからようやくエンジンを駆けたといえるのがラスト150m。



1人抜かさせていただいて(5/6)



なんか3人が横一線に競いあってる所に接近いたしまして




そこで『あは~。誰か抜き出るだろうからその人についていこぉ』


と見事な発想を思い












見事に外れました。


やぱり順位争いを繰り広げロスが大きかったというのがあるのだと思います。







3人揃って落ちてくるという現実。







飛行機のニアミスブザーがびーびーなるあの感じ




『おまいらwwwちょwww邪魔ッスwww』




てなりまして思いっきり右に舵切りました。

これでさっき抜かした選手が後についてきてたら走路妨害物ですね。





ビでォで見たらアホすぎて笑えた。ばかだこの子www






でっかいロスをしでかしたヴぁカですが、


無事3人かわして(2/6)



2着でした。


タイムは1分と57秒の3。しーずんべすと。



ん、1着の人は別領域ですとも。後ろ向いて余裕ぽかたです。流石クろでも知ってる人だ←








走りの展開としては高校時代に戻ってきた感があるのですが、

さてその走り方はというとなんか違和感を感じます。



最後ストライドでなくピッチで稼いだんです。

とりあえず最後に競った人達で1番せかせかせかせかせかせかせかせかせかせかせかせか動かしてたのは間違いなくこいつだろうと。

かっこわるすしょぼーぬ。




筋力的問題、上半身角度的問題、体重的問題


それらをクリアしなければ大型エンジンを回すような馬力強い走りにはなれませんよと。


今の走りじゃぁ、らすとすぱぁとに限界が見えているです。





なんというかこんなレースをしでかしたので、

先輩方含め応援してくださった方々にはなんだか 楽 し ん で もらえたようでよかったです。




テンション下がりホーダイな感じでしたが、

やる気を失わずにかつ熱くならなかったのが

結果的に冷静に落ち着きリラックスした走りが実現できたのだと思います。


それ故、体力ロスを抑え、終盤まで余力を残せたのだと分析しています。




報告終わり。




うー。ふいんき(←なぜか変換できない)を無視する性格がレースに反映されてる気がしないでもないぞ・・・?
大会記録 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お察しください


どもですお久しぶりです。

最近の日記更新が止まってるのは精神的な問題ですお察しください。



がんばれ!とかはNGワードでお願いします。。。


数日間引きこもりになって落ち着けばいいのかもだけれど



コワレタダムから流れ出る水の流れのようにあっという間に進む時の流れに翻弄されて、



呼吸できないまま流されています

日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |

原則として<陸上>

何年前の県大会の優勝者は誰だったとか

どこどこ大会は誰が速かったとか





どーーーでもよくないですか。







クラブメイトの自己ベスト、、、




さらにどーーーっでもよくないですか。




そんなの知ってどうするの。
自慢げに語ってどうすんの。

それで速くなる…?



陸上競技を「見る」楽しみとして選手の名前や実績を知ってるというのは大きな意味があるとは思うけれど


知ってて速くなれるかどうかはまた別問題に思えるし




さらに種目違いのクラブメイトの自己ベスト(笑)とか鹿児島県鹿屋市市役所前バス停を鹿屋駅に向かう最初のバスが何時何分に通過するか並にどうでもいいと思う。

シーズンベストのどうでもよさはそのバスの運転手が正月の朝に使った歯磨き粉の種類のどうでもよさに匹敵すると思う。





興味云々言われても、そのような事に全く興味ないのです。




『優勝者のタイムがいくつだった。予選突破タイムはいくつだった。』


「勝つ走り」でなく「速い走り」を目指す自分には

そこに選手の名を付加する必要性がわからない。



なにかおかしな事、言ってますか?
日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。