最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アドヴァンスドの意味が微妙に違うかもしれない。

「軸ないよね。よくそんなんで走れてるよね。体幹なくない?あのタイムまじ?」

同級生のマネさん(マネージャーさん)にぼろくそ言われたクロです。
や。流石に凹むんですけど。←


高校時代800をやってた元選手(しかもレベル的には俺より上かも。)だけあって、グッサリです。
的確すぎて、抵抗は無意味です。(ボーグ風味に。←わからない人ごめんなさい。)



もちろん遠慮無くいっていただけるのは貴重です。
時にキツイアドヴァイスを受けれるのはネット世界が多いですが、ここにもあったのかというね。



自分は高校時代より「実際やらないと理解できないし求められてる事も気づかないもの。」という事でマネさんに一度走ってみる事を勧めていましたが、
やぱり経験持ったマネさんは凄いです。実感。



アドヴァンスドなレベルに到達しようとするには選手はアドヴァンスドな何か(練習量でも質でもコツでも才能などとか)が必要ですが、

それと同じようにアドヴァンスドなレベルに到達できるように支援する方も、
支援してるっていう自己満足でなく実際的な力を発揮して支援するためには
アドヴァンスドな何か(経験とか知識とかもしくは情熱とか)が必要なのだと改めて思います。


何よりもそういう人がいると、選手が頑張ろうと思うんだよね。



さてタイトル。

前兆1つ目。

今日の600mレペで86秒の自己ベスト。
後半の脱力感がなく、動きにくくはなっても力の減衰は前よりはなかった。
もう一歩でスピードダウンからアップにランクアップできるのではないかと。

フォームとしての修正で、より尻を意識した走りに。
ハムを屈曲させた流れで股関節が伸展するのでなく、股関節伸展の流れをハムで受け止める感じ。
考えてみれば、ハムの屈曲から動作を始めれば膝が曲がる訳でつまり重心低下は免れないという事で、股関節からの動作であれば多少なりとも重心が「上がる」まではいかなくても「下がらなくなる」のではないかという期待が。

高校受験ブランクより遙かに早く復帰できそうな前兆。


前兆2つ目。

練習メニューの強弱と自分のコンディションの良悪がシンクロできてない。
気分的問題(練習メニュー軽いと気分ラクになってコンディションがよくなる幻想)のレベルだとは思えないほど。
ズレた所でなく波長として書いたら打ち消し合う勢い。この流れは故障へ。

これでやっちゃいけないのは焦って「何か」をやろうとする行為。
距離数という数字稼ぎたくて無心にジョグとかし始めたら重症だろうなと思います。

練習にならない練習は自分への害で足手まといだという事を忘れないようにしないと。



記録用だから特に何かはないのです。終わり。
スポンサーサイト
陸上関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |

1年

最後に1分台をだした関東決勝から1年経ちました。
あれから二度、2分00秒01で走っていながらも2分の壁はやぶれていませんし、特性であったはずのラストスパートも思うような形ではこの1年間、走れてません。(ぶっ倒れた隙に特性を掠め取られたんじゃないかと。)



こんな状態では、ほっとくとやる気が下がり放題なのですが、
そうはならないのは部活の力。


今日、初めてマネージャーっぽい仕事を一つ完了させてもらえました。
いつも『いい』『ひつようない』『練習やってな』という具合で全く仕事を回してもらえなかったのだけれど、
前回のマネージャー会議で仕事がもらえたのです。


美化活動派遣者決定っていう陸上部本来の活動とは全く異なる事だけれど、マネージャーの仕事には変わりなしです。

対象者と相談してお願いして名簿に書いてもらい、
マネージャーの先輩に『派遣者決まりました、確認お願いします』と言って渡して完了。
本当は本部に提出するとこまでやらせてもらいたかったけれど、それは次回のお楽しみに。


(≧∇≦)





-------
sent from WILLCOM 03
日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |

男子女子の子の意味

1時間目。朝練があったのかなかったのか隣の女子がこっくりこっくり始めました。


横方向に。

もう少しで頭ぶっかるんじゃないかというスレスレ具合で。




ところで『私はここにいる。』を主張するには対象の人の視界スレスレの所でウロウロするのが最も効果的だそうです。


ちょうどそんな感じ。



ひとが真面目に授業を受けてるその視界に入ったり出たり。









…う、、、うざっ!


コメカミにおもいっきり肘打ちをしたい衝動を抑えるのに朝から必死になってました。

もはや寝る所じゃないじゃないか(*`Д´)





ちなみというかところでというかむしろほんだいで



大学生はその学生生活中に通常二十歳を越えるわけですが、

20越えた「大人」の先輩も一応『女子の先輩』なんでしょうか。

女子?…子?


それともあれでしょうか、男子女子の『子』って子供の『子』とはまったく違う意味なんでしょうか。

競技種目に使われてる『男子800m』とかの『男子』は誤訳だと思ってるんだけどあれも訳あり…?


むっちゃどうでもいいことがむっちゃ気になる。知る人いれば教えてください。

気になってオレオも食えない。




あ。とりあえず一ヶ月減量することにしました。
目標はぬるーくマイナス2キロ。




-------
sent from WILLCOM 03
日頃 | コメント:1 | トラックバック:0 |

あいえいち

やってくれました。

(南)関東大会において400mHに出場した後輩が第3位だそうで。53.0。


この大会は自分が去年7位だった大会(予選決勝)で、6位まで全国っていう大会。



つまり後輩さん、全国大会出場。




先輩に凄い人がいて全国行ってて、

『これで後輩が全国行っちゃったらうちらの代が「穴」になっちゃうね』

って言ったけど、



まじになっちゃったぞwww

『関東までいった』から『関東までしかいけなかった』に。




他の関東出場選手がんばれー。とか届かない応援をいっときます。


うちら1年の時には「県大会出場おめでとう!!」だったのにうちら3年の時はほとんどみんな県行くようになっちゃって、ありがたみ薄れたもんですが


来年とか再来年とか、関東大会出場のありがたみが薄れるような部活になってるのかなーとか期待してしまったり。

陸上関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |

目的

頭痛に吐き気に寒気に平衡感覚麻痺、筋肉痛。
胸鎖関節がズキンズキするのと肺周りが痛いのも追加します。


原因は水曜の練習。



寒気がやばいっす。
体の中はカッカしてるのに寒さに震えたり、突如逆転したり。

自律神経系がおかしくなるんでしょうか?

あらゆる感触がおかしくなります。



突発性インフルエンザにでもかかった感じ。


だがそれがいい…とかは言いません。絶対。




それって楽しいの?と聞かれても楽しい訳ありません。水曜は心がやばいです。
メニュー見て涙が出そうになるのは大袈裟な話ではないです。


しかしその時を楽しむのではなく結果を楽しみ、またその過程における些細な事に楽しさを見出だすのが同好会ではなく部活であるという事なのではと勝手に思ってます。



そんな中で、今日二つの収穫がありました。
確かだと定まった訳ではありませんが、十中八九そうです。

・酷い腰痛に悩まされてた件
→下り坂走るのもあって腰が乗るようになったため腰~背中が詰まった。よって体が開かないように腹筋周辺で上体角度を固定する事によって解消。(ただし弊害として粘る事はできてもラストスパートが不可になった予感。)

・呼吸が追いつかず肺がきつくなる件
→事前に肺周りの筋肉系をストレッチする事によってほぼ解消。(さっさとやっとけよ…)

上はお馴染みの治療院で指摘予想された事、下は接骨院で昔教わった方法。


ついでに今日の走り込みで肘を多少格納して負荷を少なくしてみました。ダッシュ系統の素早いピッチに対応できなくなったためです。肘を畳むと負荷が小さくなるのは、フィギュアスケートで素早い回転をする時に腕や足を回転軸になるべく近づける事と似たようなもんです。(いや、微妙にズレてます。)同じ角度を移動するに必要なエネルギーが変わってくるんです。結果的に反動も小さくなってピッチ速は速くなってでストライドが狭まってしまったのは悲しい話。

腰痛解消の弊害と合わせて、切替が出来ない(?!)走りになってしまった気がします。
目指すは量産型選手じゃないです…。


ま、レース時にポンと必要に応じて走りを変調できるようにすれば良いのですが。



もうすぐ家の最寄駅。今日も充実していました。おわり。








-------
sent from WILLCOM 03
日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |

雷大好き

雷、大好きです。

いつだったかベランダにビデオカメラ設置して雷撮ろうと頑張ったのはいい想い出。
撮れたらパソコンのスクリーンセーバーにしようと思ってたんです。


いいの撮れなかったけどね\(⌒日⌒)/





今日も素晴らしき雷がいらしてますね。ほとばしる稲妻、腹まで響く唸り。


いやーいいですね~。

ただ問題はここが大学だということ。傘は非常用の折りたたみ傘しかもってないこと。


やばい。



外へ出た時、最大規模のピカッがおこりました。

20m前方のトラックが見えなくなる程の光りが目を覆ったその瞬間、というか同時に




ズダァアア━━━━(゜∀゜)━━━━ァァアアアン!!




(((( ;゜Д゜)))



跳び上がりつつ身をすくめる、そうちょうど

スーパーマリオでジャンプしながらしゃがむあの感じになりました。



まじやばかったあれは。

てゆうか死んだかと思った。


雷を怖いと思ったのは幼い時以来初めて。流石に山?の上にいる時に落雷が起きると怖いです。





すぐ後ろを歩いてた見知らぬ二人組と怖いのだの生きてるだの頭上にわっかが見えるだのと騒いで…




ここにカミナリ仲間が誕生しました。



生きて帰ってくれ!(・∀・)




-------
sent from WILLCOM 03
日頃 | コメント:1 | トラックバック:0 |

こうえん

今日は投擲補助員。150回くらい鉄の塊を運んですっごい疲れたけれど、目の前ほんとに目の前で大会記録の誕生を見ました。足元ちょい向こうに落下した鉄球の飛行距離が何年も遺るのです。鳥肌ものです。

800の先輩は2位。56-56っていう高レベルイーブンペースに感動した。
手が届きそうな所をスパートかけた先輩が走り去っていきました。
まじかっこいいです。やばいです。



そして、今僕は競技場横にある大きな公園のベンチにいます。帰り際に食事と休憩を兼ねて。


ちっちゃい子連れた親子連れが多くて、プラスチックのバットを使った野球っぽいのとかサッカーぽいのを楽しんだり、巨大シャトルのバドミントンぽいのをしたりギター弾いてたり木を描いたり散歩をしたりペット連れたりしていて。なんか凄く雰囲気がいいです。
スポーツの原点がなんの変哲もないただの公園に集結している事を想うと不思議な気分になります。



そしてこういうのを見ると、

『なに自分意地になって走ってるんだろう』

と思います。


何年も前にその問題の回答は自分なりにでていて
悩む事なくすぐ気持ちの決着はつくのですが、

それでも想い返します。



さて帰るー。


目の定期検診予約しなきゃなー…




-------
sent from WILLCOM 03
日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |

支える側に立つということ

さくっと書きます。

今日は大会の補助員をやってきました。



5時起きでバイトを8時半までやってそっから直で大会会場へ。

朝からフル活動です。

睡眠時間4時間でさらにバイト直後だけあって眠い眠い。



駅から延々と歩き、会場に到着したところでメール着信。












『今日の仕事はありません。解散してください。』











・・・( ゚д゚ )ェェエェェエエエェエ






結構楽しみにしてたんです。補助員。

下働きが嫌いだとかなんだとかで補助員の仕事嫌う人っているのですが、




自分は大会という舞台をまた違う所から見れるのを楽しく思っています。

応援やって進行やって、そしていつか選手になって。



それにいつか選手になった時に、補助員の時の事を思い出せば

モチベーションを上げる事に効果があると思っています。


いろんな人がいろんな努力をして大会を作り上げているのだという事を、

知るだけでなくほんのひとかじりだけでもすればレースに気持ちが入るってもんです。

そしてほんの一言、気持ち込めて「ありがとう。」を補助に回ってくださってる人達に言えるような選手になるです。



・・・っていう事だったんですが、まさかの解散。





片道いくらかかけて来たのに行って帰って終わり?



それは認めん。



という事でわざわざ大会本部にいって職を探してもらいました。

『どっか少しでもお手伝いさせていただける所、ありませんか?』

って。


驚かれたのはそういう事をいう人は少数派だって事だと思われる。




結局、庶務係で働かせてもらいました。

疲れたー。でもいい経験だったーっ。



女子200mで高橋選手のぶっちぎりの流しとか、1~4位まで占領したうちの大学の走り高跳びの選手とか、そのうちの1人が2m24とかフワッって超えてるのとか

仕事の傍ら貴重な、感動な場面を見る事ができました。



明日も補助員~。






日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2台目購入・・・予定!

ケータイじゃないです。自転車です。

学校からチャリで砂浜まで移動でそこで練習とかいう日が来たらミッションインポッシブルになってしまうので買うのです。


ケータイといえばWILLCOM03の有志作成の追加ソフトがなかなかヤヴァイです。
標準搭載のメーリングソフトより遙かに速いメールソフトとか神です。導入して使ってみて感動しました。メールソフトが軽いとかじゃなくて、メール送信方法が違うとか大丈夫なのか色々と・・・。


とにかっく普通のケータイが基礎ソフトの上で色々いじったり追加したりする所を、スマフォは基礎ソフト自体をいじれたりするのですんごいです。
電話機能もソフトの一つなのでいじれるです。電話帳、あれもソフトの一つなのでいじれるです。

危ない方向に凄いのがサイレントソフト。なんのサイレントかというとカメラ。
カメラにサイレント機能が付くと盗撮しか思いつかない自分は変態?
あと盗聴ソフトもあるぽ。ボタン一つで録音開始、録音先は大容量microSD。これは一般的な用法があるからわかるかなー。


女性でかつ自分を魅力ある存在だという自覚がある方々、スマートフォンちらつかせてる人に不用意に近づくのは止めましょう。こっそり撮られてネットにさらされているかもしれませんよ。



話は戻り今日は中間試験でした。生理学。


一つの問題をだされてA4びっしり書くんですよ。それを2問。
体育学部がどんなことやるのかよくわかんない人がいるようなので今日の試験を例にあげますと、
<随意最大筋力を決定する要因について説明せよ(自分の意思で出せる1番大きな力はどういう事で決まるでしょうか?)>っという問題があったら

『随意最大筋力は筋横断面積、運動単位動員能力、筋繊維組成の三つの要因でほぼ決定する。運動単位動員能力の運動単位とは1つのα運動ニューロンによって支配される同活動及び同筋繊維の集合体の事をさし動員能力とは骨格筋中に無数に存在する運動単位のうちどれほどの割合が実際に活動し効率よく働いているかを示す。運動単位の動員には、収縮頻度つまりα運動ニューロンに活動電位が生ずる間隔をさす発火頻度の上昇、収縮活動をする運動単位数、収縮活動している運動単位それぞれの同期性の3つが関係しており、発火頻度、運動単位数、同期性が高くなる程より大きな力を生み出すことができる。筋繊維組成は外見、収縮特性、収縮特性及びエネルギー供給系の3種類に分けることができ随意最大筋力に関係する収縮特性での分類によるとタイプⅠ繊維、タイプⅡa繊維、タイプⅡb繊維の三種類に分けることができる。このうち最大筋力にもっとも強く貢献する瞬間的出力の高い繊維はタイプⅡb繊維でありこれは収縮特性及びエネルギー供給系のFG繊維、外見の白筋繊維に対応する。この場合におけるATPaseの種類は・・・』
ってズダーッって書いていきます。もっと簡潔に書かせてほしいところですが、要点が説明能力でなくてどれだけの知識を学べたかなので書くに書くしかないのです。可能な限り寄り道します。ATPaseの後に今度は筋肉付着部位の違いによる力のモーメントへと話は移行していくのですが面倒なので以下省略です。

で。PCで打ち込むのはいいんだけどこれを書けっていうのが。。。
普段から書きなれてなくてガッチガチになってきてやばいです。A4を2枚分(2問でるから。)ぎっちり書けるほど僕の腕に耐久力なんて備わってないです。


結局時間足りなくて2問目の半分あたりで時間が来てしまいました。奨学金応募以前に単位大丈夫なのだろうか・・・


解剖学と生理学はチャングムモドキ。



以下コメント返信です。
次回より方法を変えます。




2台目購入・・・予定!…の続きを読む
日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Power

『おまえだ、おまえが兄さんを殺したんだーっ!』


「ち、ちがうっそれはおれじゃない!ゴホッ、や、殺ったのはジョンだ!」


『ジョンって誰だぁあああ(#`皿´)』




って台詞付きでやると面白いですよ護身術。
馬乗りにされて首締められた時の対処法を習いました。
この絶望的状態で形勢逆転できるとかホント凄い技術です。


練習とはいえ
流石に息が出来ないので切羽詰まります。(台詞の緊迫感的意味で。)

熱も入ります。(台詞の臨場感的意味で。)


必死なのでこればかりは覚えるの早かったです。(台詞を。)







改めて
なんだかんだで部活の先輩や先生、優しいなと感じる今日この頃。


あんなレースをした後でも

辞めた方がいいんじゃない?とか誰も言わない。

見てくださってる先生に失礼だよ。とか誰も言わない。


むしろ次がんばれと声をかけてくださる。
ありがたいことです。


改めて思うのは先輩からの一言って大きいですね。
ほんの軽い一言が後輩にとっては痛烈な時に深刻なダメージを与える気がします。ほんの軽い一言が物凄く励ましになる気がします。


去年、
見てくださってる先生に失礼だよ。と後輩に言い放った自分は酷い先輩です。



競技力向上という面においてはやる気も能力もない選手なんて実質、仲間でなく害です。
今の自分のような後輩ができたら、きっと僕は邪魔に思います。


だから期待されるまでいかなくてもせめて、邪魔だと思われなくなりたいなと。

可能なかぎり早く。



ところで北朝鮮、今後の行方はどうなると思いますか?←課題出てるのです(・∀・)




-------
sent from WILLCOM 03
日頃 | コメント:1 | トラックバック:0 |

2分の壁

引退し、受験勉強をし、また走り始めて。

今日は復帰初戦でした。



800mに出場。

大学主催の短距離記録会です。




やはり狙うのは1分台。2分00秒00が入部ボーダーです。























2分00秒01






それが今日、僕が800mを走るのにかかった時間です。



先頭の400m通過は54秒。

自分の400m通過は57or58秒。


昨年自分が出場した県決勝とほぼ同じ展開です。



昨年県決勝、自分は1分56秒21で走り

今日の自分は2分00秒01で走りました。



あれだけ励ましをもらい、練習をさせていただき、

そしてレースを引っ張ってもらい。


なぜここまで遅くなる。なぜ2周目に63秒近くかかる。




肉体能力が戻ってないのはある。

調整期間をほとんどとっていないのもある。



しかしながら、確かに明確な根拠がある訳ではないけれど、

<気持ち>の問題が大きかったのかと思う。精神論は支持しないけど。



『おまえのレースにやる気を感じられない』

そう言われた。



言い返せないのが1番辛い。




昨年の県予選・決勝・関東予選。その時のやる気、気持ち、熱意。

どこへいったんでしょう。



スパートが2秒も続かなかった。

手の届く所まで追いついたのにスパートを持続できなかった。



たかが記録会。追いつけなくても別にいいや。

無意識にでもそうどこかで思っていたであろう自分が悔しいです。



レースを笑われる事よりも、笑われる走りしか出来なかった自分がウザイです。




悔しい。




-------
sent from WILLCOM 03
日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |

練習の話。

最近体に力入る気がしてて。坂登るのがラクに思えてきてて。



昨日らへんで『ふむ?』っておもった。

アップ走でおいてかれなくなった。



今日の走り込み。

ほぼついていけた。


確実に速さも体力もあがりました。


筋肉量としてはもちろんまだ増えてはいないのだけれど、

筋繊維動員率があがってる感じ。


地面をしっかり握ってしっかり送り出せてる感じがします。


地形に合った走り方も身につけられて体力消費も落ち着いて来ているようです。


一方で足の疲労は着実に貯まりつつある上に軽度とはいえない腰痛が発生して苦しめられていますが、

『順調』といえるスタートだと思います。


一週間のサイクルの中で回復再生が間に合うようになればさらにワンステップ上の行動をとれるようにしていく予定です。


おわり。


-------
sent from WILLCOM 03
日頃 | コメント:0 | トラックバック:0 |

のろまのくせに。

って言われました。同じ1年生に。(←ちなみに彼は僕のタイムを知らない。)

仮入部1週間も経たずにこの台詞。






ここ、笑うとこ?

って感じです。


遅いのはその通り。短距離内もっともMAXSPEEDは遅いです。
調子のってるかどうかはわからないってのはつまり否定できないという事なのでさておいて、

逆に速かったら調子のってよいのかい?



速くなくても速い奴より遙かに熱心なのはいくらでもいる。
走れなくても走れる奴よりずっと気持ちが強い事があるのだって知っている。

それを踏まえてこの台詞を聞くとなんだか色々ツッコミをいれたい衝動に駆られました。
問題起こすと即クビなので無茶はしませぬが。いまは。


様子見るに部内イジメが早々に発生してるようだし、なんだかあーあです。
大学生でもあるのかよっていう。先生曰く『ヒガミ』で散々部長業務の妨害された中学時代が懐かしくも思われます。



なにがあーあって自分は負の感情隠すのすっごい苦手なので絶対バレるんですよ。
さっそく正規部員と亀裂が入りそう。


先輩だと思え先輩だと。そすれば最低限の礼儀は守れるハズ・・・!



コメ返信ごめんなさい。まとまった時間とれないでいます。


未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

小さな一歩、大きな一歩。


大学では土曜日曜両方とも練習があるので毎日大学へ通っています。


今日は坂を使っての走り込み。200と250計12本。



例によって例の如く、置いてけぼりになる自分。


でもっ、




一緒に走るのが400mの同級生。こいつは負けていられないと。

いくら本気で走ってるつもりでも相手が先輩だと心のどこかで『しょうがないかな。』って思うトコロあって、真に全力疾走はできないものです。

でも今回は同級生。身長も同じくらい。400のタイムは向こうが1秒速い。だけどこっちは800を走れる体力がある。






負けられないでしょ。






練習終盤。

ついに、ついに毎回置いてけぼりだったのが横に並びました。



そして追い抜いた。




が向こうも粘る、抜き返す・・・!





こっちも負けていられない、全身必死に動かしてもう一度並ぶ




呼吸はそっちのけもう必死。



こっちにとってチャンスであり向こうにとってプライドです(多分)。



ガムシャラに走って走って、









勝ちました。







差はほんのちょびっとですが、大きな一歩です。


ビリ脱出。








もーね、疲労下でマジな全力疾走をしたもんだから頭痛も筋肉痛もヤヴァイ状態でした。

動けない。動きたくない。死んでしまう。



全ての力を出し尽くしたなんと100mに及ぶ併走での競り合いでした。


お互いねぎらいの言葉を掛け合いたいです。よくがんばったと。





ラストセットの3本、1本目は負けてしまったさ。でも2本目、ついに勝・・・った?




・・・2本目?







マネさん『はい、次ラスト一本です。』





( ゚д゚)






(゚д゚)









 >-<○






ちなみに競った相手は吐いてましたよ。




陸上関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。