最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

最終練

今日は大晦日、という事で今年最後の練習です。



練習日誌を読み返すと、去年の大晦日はとても寒く
しかも向かい風だったらしく散々な練習になったようですが


今年は、そこまで寒くない上に風は強くても追い風であったため
なにかとてもよい環境でした。



メニューは300×20(5+5+5+5)セット間10分inサイクリング場

今年の1月19日にあった合同練習会を思い出しての練習。(あの時は25本)




その時がシューズで48~49秒だったので
今回は、本数が-5かつ追い風という事を考え、また引退済みを考慮して
設定タイムは49秒切りにしました。


流石に48秒程度というと流しレベルなのですが、

それが本数を重ねるにつれて(設定タイムを維持するために)
脱力走、快調走、テンポ走を経ていつしか全力走になってるんです(汗


1セット目→47,48,47,47,47
2セット目→47,48,46,47,(49),47
3セット目→48,46,46,47,47
4セット目→46,45,45,45,43


2セット目の4本目に49秒07で走っているのですが

これは0,07秒オーバーでノーカウントになってます。


まぁなので実際は21本。



フライングでたこ揚げしている親子連れの中を
1人でゼイゼイいいながら走ってるのは我ながらちょっとどうかと思ったりするのですが、
自分のためです。スルー。




が、練習内容の割にはどうも合同練習の時と比べて楽だな~と思い
家帰ってきてから日誌読み返すと



あの時は間が100mウォークでした。(今日は300mウォーク)


3倍も間取ればそりゃ楽だ・・・汗



サイクリング場なので間100mで300m走るっていうのは
距離計測してないので無理だけれど
ジョグとかなんとか対処のしようがあったように感じる。
(もし対処してたらやりきれたかどうかは謎ですが・・・。)


ついで、最終セットのタイムが比較的速いのはそれはそれで有りだとは思うけれど

最後だからほぼ全力で走ったとはいえ、43秒は速すぎる。



それだけ必要以上に余裕こいて走っていたという事であり、
質が偏って練習効果が落ちてるという事です。


自主練という形をとると、特に経験のないメニューについてはバランス取りが厳しいです。

今回は1月の練習を参考にした訳だけれど休憩時間が思いっきりずれてたので
結局のところその欠落している経験は逆効果だったようですorz


おなじみのメニューを組むべきだったかもしれない・・・。



ちょっと残念な感じになりましたが、来年も今年以上にがんばります。




2008大晦日

2008大晦日2





スポンサーサイト
陸上関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |

27日と26日の日記(26日分は追記で)

日頃からお世話になってる競技場が今年は今日で最後だったので練習へ。


kuroの所属する高校は顧問の先生が関東合宿に行ってる影響で
隣町の"優秀な"学校と合同練をさせてもらってるようで、


勉強になるし良い刺激も得られるしで本音は参加させてもらいたかったのですが・・・




まぁ、ただでさえ居候の身だってのに他校の先生にお世話になる訳にはいかず



合同練をやってる隣で自主練です。この時点で心折れるって。帰りたい←




メニュー。


予定:300+100×5セット(70%くらい)

実際:300+100×3セット(90%くらい)&300+200+100(脱力走)&クロカンモドキ15分(70mテンポ付き)



300といっても一部改修工事中で290mちょいしかとれませんでした。

タイムは37秒38秒38秒。



冬練のkuroとしてはちょっと早すぎなタイム。

気温が良いからか
体調がいいからか
新しい練習着で気分上がってるからか
スパイクピンをセラミックス製に変えたからか←いまさら


それはわからないけれど
正直な所、二年前のハム(太股の後ろ)の肉離れを思い出してビビってました。
足がMAXに伸びきってガッチリ地面を引っ張ってくるのが嬉しくもあり怖くもあり。


とばしすぎてダメージがやばいし、故障の危険を感じたりで

当初300+100×5セットだったのを3セットに減らしました。



当初の目標練習効果とは異なるけれど、
まぁ、乳酸練にはなってるのでこれはこれで有りかなと。


その代わりに、
まずフルパワー走の形をほぐすために
300+200+100の脱力走を追加
タイムは44秒、30秒、14秒

1500mの実技を意識した楽な走りです。



さらに呼吸系の練習不足を補うために
クロカンモドキを15分
一定距離づつ70m程の刺激を加えました。


この間ずっと酸欠で頭痛いってゆーね。
やっぱ衰えてきてます。

練習強度としてはそんなに強くないのに・・・。



毎年のように大晦日はサイクリング場で練習の予定。

今年は何をしよう・・・??



そういえば昨日、


27日と26日の日記(26日分は追記で)…の続きを読む
日頃 | コメント:1 | トラックバック:0 |

肩書き

個人的に、kuroは「先生」とか「先輩」とかっていかなる時もしっかりつけなきゃいけないと思う。


基本的に目上の方って敬うべき存在でしょう?
ところが目上 だ か ら 敬ってるだけって人もいるのよ当然。


ある特定の先生や(幸い内の部はほとんどなかったけど)先輩に不満を持つっていうのは
極々普通の当たり前の出来事であるからそれ自体に意見を持つ気はないし、
そもそもkuroも不満を抱いてる目上の人が一人もいないって訳では決してないけど、


不平いったり愚痴ったり非難したりするときについついうっかり呼び捨ていったりするのは
絶対避けたいって思う。(それでも忘れてしまう時がたまにあるのだけれど。)




なぜなら、

確信はないけれど、言動が立場差に見合わない物になる予感がするっていうのが一番大きい。


対象の人がいいならそれでいいって考えたりもしないでもないけど、

そうすると
もしかしたら近寄らなくなるかもしれないし、
また、軽蔑の対象にはいるかもしれない。もしかしたら。
つまり対象の人への不満とか苛立ちとかいわゆる負の感情全般は
その対象の人が持つ肩書きにより封印もしくは抑えられていると思っている。


だから呼び捨てにする事によって関わる事にストレスを感じるようになる事を何よりも恐れていて、

それによって悪くなかった関係が崩れる事を心配している。


目上の人に不快な思いをさせてしまうかもっていうのはあるけど、

なによりも結局自分が困るのと思うのです。


先生は先生であって先輩は先輩であって同級生は同級生であるのが一番平和です。
超保守的発言ですけれども、そうでなくなった時に果たして自分の性格やら自制心やらが
どこにどーなるのかが全く想像できませんし、またそんな事に気を使いたくないので
それで良いと思ってるのです。


そしてそれはつまり自分にそのことについて自信がない事が原因であるから、
他人の、他人の先輩への対応について全く意見するつもりはありませんし、興味はありません。

後輩らによる自分らへの対応についても意見するつもりはないです。
むしろ後輩先輩の対応でなくなればこちらとしても気を使わなくて済むっちゃあそうなんです。
(嫌われてるとわかったら気を使わずに済むようになって、返って気が楽になる現象と一緒)


ただ、自分は、そういう事をしっかりしたいな。っと思ってます。





今日、昨日で体育系の模試だったのですが、

死亡してました。



みんなスーパーマンです。


浪人の可能性が・・・!



問題:□に動物の名前を入れて、四字熟語を完成させなさい

「□飲□食」


日頃 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ギアその2

ハムストは筋肉痛だったけれど、なんか調子が良く感じられたので


久しぶりにギアチェンジ(≠ラストスパート)をやってみた。300m走で。



何ヶ月ぶりだろ。



800mのラストに用いてる「スピード乗りきった状態からもう一度加速し直す」事で、
もう一段スピードが上がるんだけど筋肉のダメージが半端なく
現役時代でも三回やったら脹脛がさよなら(=攣る)だったので引退してからやってなかった。
そもそも筋肉細って出来なくなってたし。


欠点の「直前にスピードが一段階下がる」点は相変わらずだけれど、


出来た。



ようやく調子が戻ってきたように感じられて嬉しかったです。
タイムも(300+200+100)×3の3セット目の300でありながら39秒だったので結構満足。


た だ し 。
一発で乳酸が溜まりまくって、次の200は死んでました。
楽な走りとは程遠いガッツガツな力走をするのでやばいです。
呼吸もだいぶ減るので酸欠で頭痛発生するし。


その点はまだまだのようです。



まぁでも、甘いかもしれないけど合格点。
帰りに自分へのご褒美にアイスを買って帰りました。



終わり。


あ。物理課題&追試食らいました(汗

陸上関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |

騎士

こんにちわ受験生です。←

最近天気がよくて夜も暖かいです。

sora1.jpg

tori2.jpg

tori1.jpg

下二枚はまさかの接写設定でピンボケorz



素敵な曲があったので紹介をっ

『騎士』という曲です。




騎士の作曲者アルカン(リストやショパンと同世代)には、
まさにその通りと思えるタイトルを持つ曲がよくあります。



最も有名な、人生の曲「グランドソナタ」、
突き進む列車を表す「鉄道」、
単純でありながら濃厚であり暗闇がじわじわと広がるような「海辺の狂女の唄」、
強く素早く吹き抜け儚く消える「風の如く」、


そして先日発見した高潔なる「騎士」などなど。



「鉄道」と違い、何かの場面を描写した訳ではないイメージ的な曲だけれども、
浮かび上がるイメージはまさに騎士。


ある種の攻撃的な、もしくは威勢のよい雰囲気であっても
それは決して血生臭い「兵士」の空気ではないし百戦錬磨の「戦士」のそれでもない。

誇りを見に纏っていて、清らかな空気の中で空を見上げている。
そこには不安はないし迷いもないし命の危険もない。

気高くそびえ立っている。


そんな感じの曲です。 (個人的な感想です。)


技術的な面で言えばやっぱりアルカン仕様。
終始様々な形の動き回る和音を素早く粒を揃えてかつ強弱豊かに弾けないとならないです。
オクターブをpで連打って素敵デスネ(笑)
4分30辺りからはオ㍗ル\(^o^)/ かwみwww





演奏は「ナナサコフ」と名付けられた架空のピアニスト。
要するに機械演奏なのですが、表情皆無な機械演奏とはひと味違う進歩した機械演奏です。



個人的にとってもお気に入りなのですが、いい曲だと思いませんか??


クラシック初心者の人とか、曲名と曲内容が一致するようなかつ間延びしない曲のが親しみやすい気がするんです。
第1楽章だけ一致の月光、ちょっと語弊のある熱情、曲を送った相手の名前のヴァルトシュタインとかって親しみにくくないのかなって。


作曲者アルカンは謎な人物で、かつ曲の難易度が半端ないため弾ける人が稀で、
全然彼の曲は名が上がらないけれど、
割と聞きやすい曲が多いからもったいないなぁって、思います。


今回の演奏機械「ナナサコフ」を筆頭に、昔バカにされてきた(らしい)機械演奏も結構聞けると思うし。
ちなみにこのナナサコフは日本人が演奏さしてるらしいのですが、多大な努力の上にこの演奏ができあがってるらしいです。
機械演奏といっても、物理的な(技巧的な)チカラを借りているだけであって、他の芸術音楽的な面では大変なのは変わらないようです。


以下コメ返信です。

騎士…の続きを読む
クラシック | コメント:0 | トラックバック:0 |

入試本番・・・!

二ヶ月前。 ←殴




やばいっす。いつから六ヶ月切った?!いつから三ヶ月切った?!
そして焦り始めるのはまだ?!←最重要




ぐだぐだ(・・・)と朝から晩まで勉強をし、晩飯はスキヤキもどき。

飲み物を取ってテーブルに戻ったら、なんか先客がいました。

T0010136.jpg








そして居座る。

T0010137.jpg






あ~w

T0010140.jpg





終わり←
日頃 | コメント:1 | トラックバック:0 |

使用できないから使えないんだろjk

前回の日記で、「ミーティングで後輩に何を言おう・・・?」といっていたクロです。




『大きな故障や慢性的な痛みを抱えている者はいるけれど、全体的には俺らや一個下を上回るくらいの良い感じで来れてると思うよ』



これでグサリなイメージは多少払拭された・・・ハズ!笑








でも直後に逆接の接続詞が来てしまったのあう゛ぁせtだぎゅだgうぃdhばklj



後輩の言い分に、「なるほど。」とか思ってしまったそんな日でした。




ところで、うちのガッコ。
あさのHR(ホームルーム)で先生がホワイトボードを抱えてやってきます。

その日の連絡事項とか書いた物なのですが、そこにこんな事が書いてありました。



使えないストーブを使え


使えなくなったストーブを使用すること


どうやって?



まぁ、『仮設校舎のエアコンが使用不能なので古いストーブを使ってねウフw』
という事なのだけれど、

一瞬見間違えて吹いたクロです。


精神がキツイ時こそ、こんなちょっとした笑いに救われるっていうのが結構あるわけで

実は担任がわざわざこんな書き方をしてくれたんじゃないのかと一瞬思ったわけですが、


一瞬思っただけでした。←


以下コメント返信です。




使用できないから使えないんだろjk…の続きを読む
日頃 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。