最後尾は譲らない

走るマネージャーです。最後尾絶賛走行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

終点。引退の時

関東インカレ


私の8年に及ぶ陸上人生の終着点です。

大学1年生の時、「うっわ早すぎアリエナイ!」と思った関東インカレ800m、その舞台に3年後たどり着きました。



組織的な練習からは外れ、調整に全力を尽くさせてもらいました。

その点、どうすれば良かったなどといった点はありません。


とはいえ、やはり以前書いたように私自身のココロに陰りがでていたのはカバーのしようがありません。



1分55秒50が参加標準で、それを切っての出場でしたが

1分57秒という結果に終わりました。


スローペースだったので550mくらいまではついていたのですがそこからの加速に完全に振り落とされました。


それは残念、

そんな事ないのです。いまシンミリとした気持ちで書いてるのでこんな文体ですが


今までなかった程、充実した気持ちでいます。



長かった。

本当に長かった。



「お前暇してるならちょっと陸上部に顔出してみろよ?」

そう陸上部顧問の先生に言われてからもう8年ですか


あのとき私はスポーツの世界に飛び出して、

いろんな、いろんな経験をして、そして関東インカレ出場という結果を手にして、

ようやく帰ってきました。



幸せです。

私のがんばりに私は応えてくれた。

そして甘えさせる事なく、がんばった分だけの結果を私に提示してくれた。


他者から見たら、関東インカレをビリ2で走った人でしかありませんが、

8年という競技人生を背負い込んであの場で走れたという事に本当に幸せを感じます。



競技に打ち込むにあたり色々な事を犠牲にしました。

友人関係も、自分の時間も、進路も。(まぁ他の道をとっても犠牲になったかもしれませんが。w)


終盤は私の属した選手権マネージャという組織が解散になり、

それをどう最大限に活用するかの対応に追われ、

色々と波風立ったという事はありました。


でも全てが上手く上手く組み合わさって、

今この私がいます。全てが組み合わさって成立しています。



陸上に関わらなかったら違う私がいたはずです。

違う分岐をたどって違う人生がありました。


でもこれで良かったと思うのです。

無数の選択肢のうち、ここにたどり着いた選択肢はBESTじゃなかったかもしれない。

でも良かったのです。その場その場を自分なりに頑張ってたどり着いたのですから、

大きな大きな経験と自信と記憶を持てたのですから

だから幸せなんです。



着地点。

顧問の先生はそんな事を言ってました。

自分の着地点を模索する学年である。と


この着地点は私にとって最高な物ではないでしょうか。


ちょうど選手兼任マネージャが解散になり、私の居所を無くなりました。(この時期に調節したのは私ですが。)

大学でやった成果を形として残すべくこの関東インカレに出場する事ができました。


これ以上なにを望むのでしょうか

高校生の時、南関東大会を走り終えた私は希望を持ちました。欲を出しました。

あの判断を必ずしも間違っていると思う訳ではありません。

しかしこの大学生、今度こそ違う判断をすべきです。



関東インカレは私の終着点。


これで終わりです。


私の陸上競技人生はこれで完結です。




終点。

一時期はいろんな人と交流がありましたが、もう見てる人ももしかしてゼロかもしれません。

が。

が。

届かなくてもお礼を言わなければなりません。

本当に、ありがとうございました。



スポンサーサイト
陸上関係 | コメント:4 | トラックバック:0 |

最高の誕生日。

専門種目の800m。

1分55秒6なんとか。

私が高校3年生、南関東大会決勝で出した記録。






3年後の、8月9日誕生日に更新しました!!!

1分55秒4とちょっと。


微々たる更新だけれど、間違いない前進。

ようやく達成した前進です。

いやもう、アレが生涯ベストだろうと覚悟していた分よけいに嬉しいです。

クチっ先でいってた「諦めない」という言葉の重みを知りました。





ちなみにこのタイム。今年度の関東インカレB標準(1分55秒5)を突破していたりします。

このまま順調にいったらもしかして来年、最後の年に関カレでれるかもね。

でもまぁ、自己ベストを出せた事と比べたら案外それは微々たる事だったりします。

今までの行いはきちんと成果を出したのだと、自分で認められればそれで十分です。


応援ありがとうございました。ALL


陸上関係 | コメント:2 | トラックバック:0 |

だめだめ

あー。だめだ。


今日の300m×4(間100mjog)、


ラスト一本、

1分55がベストの先輩に競り勝ててしまいました。




エイリアンと書いて、ありえん。

あってはならんことですよこれは。




あー。




状況がわからんな人への説明になりますが、

大学の全国大会が近々あっておかげで最近フリー練習(自分で内容を決めて練習をする)だったのですが、

フツーに考えて全国大会に出ない人達(その先輩や俺含む)は個人課題を決めてがっっちり練習をしているハズなんですよ。


だから今日も疲労がある程度残っているハズ。



それでいて僕が数段上の実力を持つ先輩に競り勝ったのは、



それはつまり僕が個人練習をさぼっていたその証明に他ならんのです。




先輩はしっかり練習して疲労下にあったのに、

自分はテケトーに過ごしてきて疲労が抜けていたのです。



それなりに練習していたつもりなんだが。・・・まぁ思い返してみれば甘かったなと言わざるを得ないです。




あー。
陸上関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |

さよならスパイク、よろしくスパイク



スパイク買った。

ジオスナイパーAX-J



画像略!



通常ピンが7mmで固定ピンが3mmの変則構成。



今まで使っていたトップソードが推奨使用種目が800mまでだったのに対してこちらは1500mまで。

だから何?ってそれは負荷少なめで走りやすいって事っす。


トップソードは負荷が大きくて標準の7mmをわざわざ5mmに換装してたのですが、

今度はデフォのまま使えるのではないか疑惑。



もちろん1500mまでおkといっても1500を走るつもりは全くもって綺麗さっぱりさらさらないです。



ついで大学のトラックが曲者で、もはや3~4mm程度に磨り減った(固定ピンだから長いのに取り替えられない)ピン達ではダッシュ時にすべってしまうという残念な問題が浮き彫りになったのもトップソード引退を後押ししてます。

さらに体力問題以前にスピード的についていけてないという事も加えときます。



ま、そんな訳でメインスパイクが世代交代。
トップソード(2007/02/23~2009/08/06)
2年と5ヶ月ちょい。お世話になりました。こいっつに変えてからグーンッと記録が伸びたんです。

一挙に8秒更新したのも、始めて単独種目で県大会行ったのも、県で決勝に残って関東いって、関東で全力を出し切れたのも
履いていたスパイクはコレです。

ちゃんと綺麗にして保存デスネ。



あーちなみに。レース後半にふくらはぎ辺りがもたないのは多分ピン長過ぎだからそんな人は短くしてみる事をオススメ。短距離から距離伸ばしてる人とか特に。




で。えっと。昨日の練習は600m×3だったのですが

だんだん筋力戻ってきてますね。前で処理するようになってきました。

走りに余裕が出てきたというか。そんな感じ。

余裕は粘りに繋がり、余裕はレース戦略に繋がり、余裕はスパートに繋がります。




だがしかし。この走りしてるとパワーが弱すぎてスタート200mで思いっきり離されてしまうどうしようもない欠点が。

高校時代はまだ短距離上がりという事でスピードに余裕を持ってた分、

 ほ と ん ど 問題にはならなかったのですが、


いまやスピードは部内ビリ。


ちょっと対策を考え施行する必要がありますね。





コメントありがとうございます。必ずいずれ返します。






陸上関係 | コメント:1 | トラックバック:0 |

ろくだい

六大っていう大会にオープン参加するです。


やー。大学に入ってからというもの得体の知れない大会ばっかに出てる気がする・・・。


や、でも今度の大会はなんか壮行会してた(正規メンバーだけね。)し
なんかそれなりに凄い大会なんじゃないのかなっとか思ってる。





オープン参加だけど。


でも一週間調整期間もらえるとかっさ、なんか期待。






今日は刺激で、600mを。ストップウォッチ片手に89秒でした。

まぁまぁ。



追記:まぁまぁじゃないっす。


去年の練習日誌を読んでみたら、関東大会直前の刺激が600m93秒だって。


実力が去年より向上したのか、それともただたんにがんばり過ぎたのか。



・・・



どう考えてもがんばり過ぎです本当にありがとうございました。




ろくだいおわた(顔文字略)
陸上関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。